さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪海鮮丼マニアさとちんのブログです。 ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
七福神めぐり

2018年 元祖山手七福神めぐり

元祖山手七福神
ママ友とまわる七福神めぐり。今年で10年目になります。


過去の七福神めぐり。
2009年 谷中七福神めぐり
2010年 深川七福神めぐり
2011年 港七福神めぐり
2012年 柴又七福神めぐり
2013年 日本橋七福神めぐり
2014年 下谷七福神めぐり
2015年 亀戸七福神めぐり
2016年 荏原七福神めぐり(SDカードが入ってなかったために詳細な記録なし)
2017年 浅草七福神めぐり

今年は目黒区と港区をまわる元祖山手七福神めぐり
一説によると谷中七福神よりも古く、江戸最古の七福神めぐりと言われています。

目黒区から港区に向かうと健康長寿、港区から目黒区に向かうと商売繁盛と、まわる方向でご利益が違います。
私たちは商売人ではないので健康長寿祈願。
白金台駅を9時前にスタートしました。

三田線・南北線白金台駅→覚林寺→瑞聖寺→妙円寺→大円寺→蟠竜寺→滝泉寺→東急目黒線不動前駅
すべてお寺というめずらしい七福神めぐり。
所要時間は2時間半ほどでした。
御朱印がすべて手書きなのです。
なので6人全員御朱印をいただくのに、若干時間がかかりました。

覚林寺

元祖山手七福神
「清正公(せいしよこ)」の呼び名の方が私的には馴染みがあります。加藤清正を死後「清正公」という神として祀っています。
白金台駅の2番出口を出て左。八芳園の前を通って日吉坂を降りた先にあります。

元祖山手七福神
ここから始める人が多いのか、大きな地図が置いてありました。

元祖山手七福神
門を入ったところに毘沙門天様がいらっしゃいます。

覚林寺
東京都港区白金台1-1-47


瑞聖寺

元祖山手七福神
覚林寺で御朱印をいただいたら、白金台駅に戻ります。2番出口の道路を挟んだ反対側に瑞聖寺があります。
こちらには布袋様がいらっしゃいます。

瑞聖寺
東京都港区白金台3-2-19


妙円寺

元祖山手七福神
目黒通りを国立科学博物館附属自然教育園方面に歩いて行くと、左手に七福神めぐりの赤いのぼりが見えてきます。
こちらでは、福禄寿様、寿老人様がいらっしゃいます。
御朱印も1枚に2柱の御朱印がいただきます。

妙円寺
東京都港区白金台3-17-5


大円寺

元祖山手七福神
目黒通りをひたすら歩き、首都高速2号目黒線の下を通って目黒駅まで。目黒駅を越えて、三菱東京UFJの看板の先にある行人坂を降りていきます。お天気が良かったので、ちょうど富士山が目の前に見えました。

元祖山手七福神
由緒ある大きなお寺のようなのですが全体的に建物は新しめ。というのも、1772年(明和9年)2月に明和の大火(行人坂火事)の火元であったため、江戸幕府から再建の許可が降りませんでした。江戸時代後期の1848年(嘉永元年)になって、やっと薩摩藩主島津斉興の菩提寺として、ようやく再建されたお寺なのです。
この日の裏テーマが江戸開城だったのですが、ここも薩摩藩ゆかりの地でもあったのですね。

元祖山手七福神

こちらには大黒天様がいらっしゃいました。

大円寺
東京都目黒区下目黒1-8-5


目黒雅叙園の前を通り、太鼓橋を渡って目黒川を越えます。
元祖山手七福神

蟠竜寺

元祖山手七福神
大きな道を歩道橋で渡った先に蟠竜寺がありました。人が増えてきていて、あまり写真撮ってなかったです。
こちらの弁財天様は岩窟弁財天というちょっと変わった造りで、本堂の右奥にあります。

蟠竜寺
東京都目黒区下目黒3-4-4


滝泉寺

元祖山手七福神
最後の滝泉寺は、目黒不動尊といった方がわかりやすいですね。
ここが一番混雑していると聞いていたのですが、11時過ぎに着いた時にはあまり混雑していませんでした。

元祖山手七福神
聖願鉢にお賽銭が入ったので願い事が叶うはず(^^)

大きな恵比寿様がいらっしゃったので、みんなで集合写真を撮りました♪

滝泉寺
東京都目黒区下目黒3-20-26



基本情報

期間:1月1日~1月7日
時間:9:00~16:00

元祖山手七福神

元祖山手七福神

色紙 200円
御朱印 300円(一か所につき)
七福神だるま 500円(一体)
七福神だるま台座 500円

今年は御朱印帳だけにしたので、300円x6で1,800円でした。

帰りは江戸開城ゆかりの地めぐりも♪
江戸開城

江戸開城
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。