<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
グルメ

馬肉のおいしさを堪能!喰わず嫌いの人は一度行ってみるべし!!@下北沢

馬肉でBON
最近話題の馬肉料理。
小さい頃よく馬肉を食べていたけれど、それは安価だからという理由。
独特の臭みがあって、あまり得意ではなかったのです。
20年くらい前に都内の有名店で桜鍋を食べたときも、あまりおいしいと感じなくて…

ところが最近の馬肉って食べやすいんですよね。

馬肉を出すお店が増えてきました。
そんな中、友達が「下北沢においしい馬肉料理が食べられるお店がオープンしたようだよ」という情報をGETしてきたので、予定を合わせて出かけてきました。

馬肉でBON
馬肉とワインのビストロ ワイン食堂 馬肉de Bon

下北沢駅南口から徒歩2分ほど。
お洒落なお店。


馬肉でBON
いかにも「バル」って感じの店内ですよね(^^)

馬肉でBON
まずはスパークリングをいただきました。

前菜
馬肉でBON
この日は
芽キャベツの生ハム巻き 中にはクリームチーズも入っていました。
自家製鶏の生ハム
キャロットラペ
レバーパテ
きのこのマリネ
ペコロスのピクルス
写真は2人前です。

馬肉でBON

馬肉でBON
この芽キャベツの生ハム巻きが好き。
どれもワインがすすんでしまうお料理です。

馬刺し3点盛り
馬肉でBON
カタバラ、ふたえご、ハラミ
日によって3点盛りの内容は変わります。

馬肉でBON
かわいいイラストで聞きなれない部位も、しっかりわかります。

馬肉でBON
豚の脂は見た目ほどくどくないのですよ。

ちなみに馬肉はO-157のリスクも少ないと言われているのですよ。
なので他は禁止されている生のレバーも、馬のレバーなら生で食べることができます。
私はレバー苦手なので食べませんでしたが(^^;;

馬肉でBON
ここでビールへ♪

アンチョビズッキーニ
馬肉でBON
シンプルだけど、ズッキーニの歯ごたえもおいしい一品。

馬肉とアボカドのタルタル
馬肉でBON

フランスパンと一緒にいただきます。
馬肉でBON

馬肉でBON
馬肉+アボカド+卵黄とこってりした食材の組み合わせだけど、これはまずいわけがない(^^;
生の馬肉を家で料理することがないから、どれを食べても驚きがあります。
赤ワインとあいそう。

でも、ハイボール(^^;
馬肉でBON

なんかシュワシュワしたものが飲みたい気分だったの。

馬肉の唐揚げ
馬肉でBON
半生状態なのでやわらかい!!

馬肉でBON

衣に味がついているので、そのまま食べてもおいしかったです。
馬肉でBON

馬肉のグリル
馬肉でBON
こちらも中はレア状態。
やわらかい!

でも、外は香ばしくグリルされててレアが苦手の人もおいしく食べられそう。
馬肉でBON

オリジナルソースでいただきました。
馬肉でBON

お料理の馬肉は、ほとんど中はレア状態なのだけど、上に書いたようにo-157の心配がない馬肉なので、安心して食べられるのです。
もしかしたら煮込まないことで、馬特有の臭みが出てこないのかな?
私が食べていたのは煮つけや桜鍋だったので。
馬肉がこんなにおいしいとは大発見です。


麦富士豚のグリル
馬肉でBON
麦富士豚はカナディアンポークのこと。
こちらはしっかり火を通して、豚肉の旨みがぎゅっと濃縮されています。

馬肉でBON
お肉の下にマッシュポテトがあって、それが豚肉の旨みを吸ってて危険なおいしさでした!!

馬ミートソース
馬肉でBON
〆のパスタはタリアテッレで。
こちらも中にマッシュポテトがあって、ミートソースの旨みをすって超危険!!
おいしいし、ハイカロリーだし、でも、おいしいし<大事なことなので2度言います。

馬肉でBON
オリジナルの辛味調味料をかけて♪

う~~~~ん!大満足!!
馬肉って低カロリーでヘルシーなのに、栄養価はめっさ高いんですよ!!
これからますますブームになる予感。

オープンして間もないお店のようだけど、あっという間に満席でした!!
もしかしたら満席のときは、お料理が出てくるまで時間がかかることがあるかもしれないので、コース料理を予約しておくのもいいかも。
馬肉料理何を頼んでいいかわからない人も、コースならオススメが出てくるので、ハズレがないと思います。
私も次回は2,500円の女子会コースをお願いしてみるつもり。

ワイン食堂 馬肉de Bon居酒屋 / 下北沢駅池ノ上駅東北沢駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6440-ed964048
該当の記事は見つかりませんでした。