<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
グルメ

こんカツ!富岡製糸場見学で絶対食べるべき1本!

土屋魚店
富岡製糸場見学前に町をぶらぶらしてて見つけた土屋魚店。

土屋魚店
お店の前でお惣菜を売っていました。

その中に気になる文字が。

こんカツ。

群馬の名産品こんにゃくをカツにしているようです。
味のないコンニャクに衣をつけて揚げて、ソースの味で食べるんだろうなぁ~と、食べる前になんとなく味を想像。
でも、面白そうなので注文してみました。

土屋魚店
衣をつけた状態のこんカツを注文受けてから揚げてくれます。

土屋魚店
1本100円。

がぶりと食べてみると・・・

土屋魚店

うまっ!!

なにこれ?なにこれ?なにこれーーー?
激ウマなんですけど。

コンニャクは煮込んであって、既に味がついているの。
そしてまわりの衣にも味がついているので、ソースもいりません。
小さなコンニャクが4個串に刺さっていて、それに衣をつけて揚げてあります。

地味なメニューと思いきや、本当においしいよ!!

こんな串カツたべたことない!!

富岡製糸場に行ったら絶対食べる価値あり!!

名前もいいよね。結婚できそう(笑)

土屋魚店
創業160年の魚屋さん
他のメニューも気になる。

土屋魚店
お兄さんがとっても親切なのは、富岡おせっ会の会員さんなんだからですね(^^)

土屋魚店弁当 / 上州富岡駅西富岡駅東富岡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

2 Comments

あだち says..."あなたの"
世界遺産見たさに初めて群馬県に行きました。
富岡に美味しいものはないかと調べていたらここに辿り着いたので、みんなで食べました。

帰り、高速に入りそれはじわじわと訪れました。

まず一人め、助手席の仮名スネっち、いきなり『トイレ行かせて!ヤバい!』と大騒ぎ、少し渋滞していたので中々サービスエリアに入れず冷や汗を垂らし青ざめた彼を気にかけながら後少し、のとこまで来て今度は後部席の仮名アイリちゃんが『気持ち悪い』と訴えて来ました。更に、弟たちも『やっべえ!なんで!』と腹部を抱えて小さくうずくまり出して、なんだかわからず、ただ、自分は彼らが騒ぎ出すより数分前からやけに違和感のある腹痛があり、黙ってガマンしていたから自分もやっとの思いで駐車して、着いたら二台目のグループもバラバラと降りてきてみんなで一斉にトイレに駆け込みもう、シャーシャーシャー!!の状態に!
そこから出発できたのは五時間後でうんざりしました。

唯一、『油とこんにゃくはちょっと』と食さなかった仮名シイちゃんと、母親が衛生管理局員の娘、仮名すださんだけは無事でした。

2人は食べなかったのです!

富岡で食した全てが楽しみにしていたこれですべて水となって消えました。

本当にこういった書き込みを信じた私はバカでした。

もう二度と信用しないよう気を付けます。


それに、油が安いのか油臭くて正直美味いとは言えませんでした。


2014.12.04 22:21 | URL | #R63KSl6. [edit]
さとちん says...">あだち様"
今回は大変な思いをされましたね。
その後、お体の調子はいかがでしょうか?
こんにゃくと油の食べ合わせ、私は知りませんでした。
ネットでも調べてみましたが、私の探し方が悪いのか見つけることができませんでした。

ご存じだとは思いますが、コンニャク芋は別名毒芋と呼ばれています。トリカブトまではいきませんが、ほんの少量口にしただけでひどい中毒を起こしてしまいます。
TBSの某有名番組で知らずに食べた人が病院に運ばれる事態になりました。
友人のお母さんが生のコンニャクイモからコンニャクを手作りしているのですが、作る時には注意が必要だということを聞いたことがあります。
今回はもしかしたら、どこかでそういうのを口にしてしまったのかもしれませんね。
コンカツはコンニャクを煮て味付けしてあり、それをさらに揚げてあるので、生ということはないと思いますが。
私も友人も特になんともありませんでした。

また、味に関しては好みは人それぞれですので、あだちさんのお口には合わなかったのかもしれませんね。

今回は災難でしたが、群馬のこんにゃくはとても美味しいので、あだちさんにとっておいしいこんにゃくとの出会いがるといいですね。
2014.12.05 11:24 | URL | #nlnTgiQk [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/5363-540a0d5d
該当の記事は見つかりませんでした。