Welcome to my blog

プレミアム

一六四 三上ル@浦和 お料理はもちろん、おいしくするお酒も充実しています。

0
一六四 三上ル
木曜日からの愛知出張を終え、浦和でお疲れ様会。

一六四 三上ル
ちょっと写真ボケちゃったけど、浦和駅中央口から歩いて5分のオシャレなソサナビル3階にある「一六四 三上ル」。
ここだけ浦和じゃないみたい。

中はカウンターが中心。
他にテーブルや個室もあるけど、カウンターが楽しい。
18時、19時、20時でコースが一斉スタート。
18時の回、フリーフロー付きで予約。

一六四 三上ル

めちゃめちゃ喉が渇いていたのでビール。
一六四 三上ル

その後、シャンパーニュへ。
一六四 三上ル

いや、フリーフローのラインナップがハンパないです。
一六四 三上ル

説明はないので、知っている人だけが得をする?(笑)

地鶏のスープ
一六四 三上ル
最初の一品は胃に優しい温かいスープ。
中には粗挽きの鶏ミンチ入りワンタン。
残暑キビいい暑さだったけど、冷たい飲み物を飲み続けていたので、温かいスープに胃が喜んでいそう。

鶏たく クスクスとともに
一六四 三上ル
層がきれいな前菜。

一六四 三上ル
一番下はクスクス。
野菜の炊き合わせに、自家製たくあんに入った鶏たく。
トッピングにキャビア。
食べる寸前にホースラディッシュをおろしてくれます。
たくあんが意外に大きくてポリポリした食感が楽しい。

瞬間燻製機の中は雲丹。
一六四 三上ル

レモングラス風味の藁焼き
一六四 三上ル
鶏のたたきに燻製したばかりの雲丹を乗せて。

一六四 三上ル
下に敷いているのは酸味のあるミチュリソース。
雲丹との相性もいいのね。

164 3上ルのポトフ
一六四 三上ル
メニュー名はポトフですが、一品一品別々に炊いた、炊き合わせです。
上にかかっているのは削りたての鶏節。
シグネチャーメニューらしく、器も京焼で特別に作ってもらったものだとか。
小さなオクラがおいしい。

一六四 三上ル
なんとフカヒレ入り!!

最後の一滴まで汁も飲み干しました。

函館、小西鮮魚店からのお魚
一六四 三上ル
鶏割烹で唯一の魚料理。
この日はヒラメ。
朝どりのヒラメを即出荷。
17時に到着したばかり。

お~朝“どり”を鶏とかけているね!←絶対違う
添えられている冷たい茄子とトウモロコシも文句なくおいしい。
トウモロコシは生のピュアホワイトかな。
フルーツのように甘い。
かかっているソースは玉味噌。
西京味噌に玉子、そして青じそをトッピング。

そうそう、3杯目のドリンクはイチローズモルトのハイボールをいただきました。
イチローズモルトですよ。
あったら飲むでしょう!
一六四 三上ル

塩釜焼きした鶏肉は
一六四 三上ル

鶏タコスでいただきました。
一六四 三上ル
なにやら厨房でお煎餅のようなものを焼いているなと思って見ていたら、タコスを焼いていたんですよ。
中にはワカモレソース、熟成トマト、蕎麦の実が入っています。

炭火で焼いていた串も完成したようで、仕上げにカラスミ。
一六四 三上ル

せせり
一六四 三上ル
独特の歯ごたえがたまりませぬ~。
カラスミの塩味もばっちり!

百年の孤独と一緒にいただきます。
一六四 三上ル
シレッとフリーフローメニューに百年の孤独がある恐ろしさよw

お次の串はつくね
一六四 三上ル

なんと中にはカシューナッツとペカンナッツが入っています。
一六四 三上ル
実は軟骨が大の苦手な私。
つくねというと軟骨入りが多い中、これは涙が出るほど嬉しかった。
長時間熟成させた玉ねぎペーストも入っているとか?
味わいが深いわけだ。

ソースもマヨネーズソースっぽい?
卵黄よりも食べやすいです。

福島、大竹さんの野菜と地鶏のムース
一六四 三上ル
生のアスパラと生のオクラが食感まで楽しめる。
ジャガイモの素揚げは甘い!
藻塩が添えられているけど、結局使わなかったわ。

ガンガン飲むよ~。
山本のピュアブラック
一六四 三上ル
今、うちの冷蔵庫にもあるけどな(^^;
さわやかな香りとほのかな甘み。
フレッシュでフルーティー。
日本酒とは思えない日本酒←褒めてる

百年の孤独からずっとチェイサーをもらっていたのだけど、そちらも日本酒の仕込み水ということで、どのお酒にもよくあいました。

本日の主菜、地鶏のカチャトーラ
一六四 三上ル
白舞茸やハナビラタケなどのキノコとニョッキ。
ニョッキには鶏肉を粉砕したものを混ぜているとか。
トッピングされているのは、最高級の本枯れ節。

一六四 三上ル
この頃になると記憶があやふやに(^^;
おいしかったのだけは覚えてる。
ハナビラダケのシャキシャキコリコリした食感も、ガーリックの香りも覚えてる。

砂肝
一六四 三上ル
コリコリの砂肝は大好物のひとつ。

最後の串はももです。
一六四 三上ル

〆のご飯は福井いちほまれ
一六四 三上ル

御飯のともがいっぱい!
一六四 三上ル

鶏そぼろにお漬物、埼玉のトップ卵、低温調理した鶏肉。
一六四 三上ル

トップ卵は愛媛のお醤油でTKGに。
一六四 三上ル

自家製スパイスのカレーもあって、結局ご飯おかわりしちゃいましたよ。

デザートは2種。

パイナップルと胡瓜、バジルのシャーベット
一六四 三上ル
胡瓜って驚き!でも、悪くはない!←偉そう

和梨のペスク
一六四 三上ル
生姜とクローブに漬け込んだ梨。韓国の伝統的なお菓子ペスクに、シャインマスカット、パイ生地、そしてセロリのピュレをかけたものです。

レモングラスと煎茶のハーブティが、おいしかったコース料理の余韻にひたらせてくれる~。
一六四 三上ル

ご馳走様でした。

さて、これでおいくらでしょう?
フリーフロー付きですよ。
なんと税込14,300円!!
なにこれ?浦和価格?←褒めてる。羨ましがってる。
都内なら軽く2万円は超えるんじゃないですか?

ありえない値段です。
電車代払っても行く価値ありです。
都内フリーパスを使えば安く行けるし。

最後にお土産付き。
一六四 三上ル

なんと、真空パックになったおにぎり。
一六四 三上ル

飲み過ぎて辛かった朝に、神様からのご褒美ようなおにぎり茶漬けでした。
一六四 三上ル

浦和まで行ったかいがありました。

一六四 三上ル鳥料理 / 浦和駅

夜総合点★★★★ 4.6


関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply

[Donna] Designed by Akira.

Copyright © さとちんのPlatinum Days All Rights Reserved.