Welcome to my blog

プレミアム

鮨 Sublime@渋谷 ミシュランフレンチx江戸前寿司xチームラボ 贅沢の極!

0
鮨 Sublime
3年連続ミシュランでひとつ☆獲得のフレンチの名店「麻布十番スブリム」とコラボした江戸前寿司のお店「鮨 Sublime」。
最近店舗が増えていますが、渋谷のお店はさらにチームラボのデジタル作品まで楽しめる贅沢なお店でした。

お店があるのは、なんと渋谷センター街!GUの裏手です。
鮨 Sublime
このビルの4階にそんな高級店があるなんて、教えてもらわなければ気づかないですよね。
何故ここに?!と違和感ありありの場所です。

店内に入ってまず目に飛び込んでくるのが、鮮やかなデジタルアート!
チームラボによるデジタルアート【GoldWaves】です。
黄金の波?炎?ゆらゆらと動いています。

鮨 Sublime

これだけ存在感があったらうるさそうですが、全然そんなことはなく。
視界に入るけれど決して邪魔にはならず、むしろ心地よい動きなんです。
さすがチームラボ。
鮨 Sublime
ちなみにお値段聞いたら(聞くなよw)ありがたみもひとしお←おい

店内はカウンター以外に個室もいくつかあるようです。
18時半前に出かけたとき、カウンターには私たちだけ、あと個室に1組でしたが、1時間後にはほぼ満席となりました。
すごい人気です。

ミシュランフレンチ×鮨 14,000円のコースをいただきました。

最初の1杯はビールで。
アサヒプレミアム生ビール熟選
鮨 Sublime
1,100円

最初はフレンチから。
Sublimeスペシャリテ 発酵マッシュルームスープ
鮨 Sublime
麻布十番 Sublimeのシグネチャ―メニューが、こちらでいただけます。
乳酸菌発酵をさせたマッシュルームをベースとしたスープ。
生のマッシュルームは口の中でパラパラと崩れていきます。
中には半熟卵が入っているので、混ぜ合わせて味の変化も楽しめます。

蕪とホタテのマリアージュ
鮨 Sublime
薄くスライスされた蕪の下にはホタテと柑橘が隠れています。
手前の蕪のポタージュをソース代わりにつけながらいただきます。

ラフランスと白ワインのシャーベット
鮨 Sublime
お口直しということで。
サッパリとした冷たいシャーベットは、本当にお口の中がリセットされます。
そして、次はお鮨を…

マハタ
鮨 Sublime
いきなり高級魚のマハタ。

鮨 Sublime
目の前で岩塩をけずり、さっと酢橘をしぼったマハタは、しっかりとした身で旨味が凝縮されています。

ミズタコ
鮨 Sublime
一瞬、イカ?と思いましたよ。
北海道噴火湾のミズタコだそうです。
吸盤などを取り除いたミズタコは、艶のある白い身です。
上品そうな見た目からは想像がつかない、焼肉テイストな味w
上にネギ塩がのっているので、ゴマ油の風味が口の中に広がります。
おもしろすぎる!


鮨 Sublime
上に乗っているのは當り葱(あたりねぎ)。
青魚は當り葱で食べるのが最高においしいですよね。
ニラやニンニクの香りがしてパンチのある味が鯵によくあうんです。

赤貝
鮨 Sublime
丁寧な隠し包丁でサクッと身が口の中で噛み切れます。

本マグロとろ
鮨 Sublime
実は私、あまりマグロは好きではないのです。
マグロってピンキリで。
マズイものはマズイ。
しかも、ほとんどはマズイ。
だけど、ここのマグロはおいしかった!

鮨 Sublime
マグロの形を保っているけど、口の中ですき身のように蕩けるんです。
このマグロ、飲めるかもしれないw

【チリ】パヌール シャルドネ
鮨 Sublime
1100円
グラスで白ワインを追加。

連れは
【新潟】八海山 浩和蔵
鮨 Sublime
1,800円
何もいわなくても和らぎ水が一緒に供されるのが凄い!
なかなか、これができるお店少ないですよね。

季節の逸品
鮨 Sublime
ローストビーフ、タコのマリネ、イソツブ貝の旨煮。
白ワインを頼んでいて正解。
どれもワインによくあいます。

そうこうしているうちに、店内はほぼ満席に。
カウンターはすべて埋まってしまいました。
なので、あまり大将とおしゃべりはできず。

ヒラメ
鮨 Sublime
昆布〆してあるヒラメは身に弾力があります。

車海老
鮨 Sublime
むっちりとした海老は噛むたびに海老の旨味が口いっぱいに広がります。

コハダ
鮨 Sublime
結構キツメに酢をきかせています。

お次は目の前でカツオが燻製に。
鮨 Sublime

鮨 Sublime
カツオのたたきよりも燻製の香りが新鮮で強く、高知のヒロメ市場で食べたのと同レベルのおいしさ!

雲丹
鮨 Sublime
バフンウニです。

鮨 Sublime
飲み込みたくないw

蒸しアワビ
鮨 Sublime
カットされているけど、元の身はどんだけ大きいんだと思わせるアワビです。
肝ソースをつけていただきます。
これだけ大きいので歯ごたえもしっかり!
噛むたびにじゅわ~~とジューシーなアワビの汁が広がるんです。
飲み込みたくない!←2回目

残った肝ソースにはご飯を投入。
鮨 Sublime
新しい形のお鮨。

アナキュー巻
鮨 Sublime
〆は穴子と胡瓜の巻物。
自家製ぬか漬けとプリンのような玉と一緒に。

赤だし
鮨 Sublime
なめこと三つ葉という定番の組み合わせに、心がほっとします。

ホワイトチョコのムース
鮨 Sublime
ホワイトチョコが甘すぎず、滑らかな舌触り。

鮨 Sublime
淹れたての抹茶で終わり。

これで税込み14,000円。
銀座なら倍以上ですよね。
お料理、チームラボのアート、サービスからすると、これはCP良すぎです。

私は予約して出かけましたが、予約なしでもこの日は大丈夫でした。
小さな子どもを連れた家族もいて、お客さんも様々。
というか、この手のお寿司屋さんに小さな子どもを連れきてカウンターに座らせる家族って初めてかも。
さすが渋谷!
子ども用に特別にお寿司を握ってあげていました。

下のセンター街を歩いてる若者の9割は多分利用しない。
知る人ぞ知る渋谷で遊ぶ大人のためのお店です。

渋谷 鮨 Sublime寿司 / 渋谷駅神泉駅

夜総合点★★★★ 4.2




関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply

[Donna] Designed by Akira.

Copyright © さとちんのPlatinum Days All Rights Reserved.