Welcome to my blog

グルメ 海鮮丼

旬彩やまぐち@横浜 喧騒を忘れさせてくれる隠れ家割烹で秋を味わう

0
海鮮丼235丼め
やまぐち

やまぐち
めずらしく横浜で会食。
横浜にこんな素敵なお店があったなんて!!と、嬉しい驚き。

やまぐち
場所は横浜ムービルの裏手。
閉店してしまったダイエーを右手に見て、細い路地を左に入った先にあります。
横浜市民になって既に〇十年w
ここら辺は横浜でも賑やかなエリアなので、こんな静かな場所があったのかと驚きましたよ。

1階はカウンター
やまぐち

2階はカウンターとテーブル席、掘りごたつ式のお座敷。
やまぐち

私達はお座敷で。
気づけば2階は満席。
帰るときには1階のカウンターにもお客さんがいました。
食べログ3.5は伊達じゃないですね。

エビス樽生 中グラス
やまぐち
650円

お通し
やまぐち
キノコとほうれん草のおひたし

まずは、お店一押しという旬彩盛り
やまぐち
1,500円
季節のオススメを盛り合わせにしています。

やまぐち
この日は
冷やしトマトの煮びたし
磯ツブ貝の旨煮
秋刀魚の有馬煮
新銀杏
丸十
鱧の焼き塩造り
とろ湯葉
焼万願寺

夏の名残と秋の走りが一皿にって感じですね(^^)

秋の秋刀魚と夏の鱧が一緒にいただけるなんて贅沢。
秋刀魚は有馬山椒を使っているのだとか。
兵庫の山椒と言えば朝倉山椒しか知らなかったけど、有馬も山椒が有名なのね。

丸十はさつまいも。レモン煮となっています。

確かにこの一皿だけでかなり満足度が高いですね。

お刺身3種盛り
やまぐち
2,490円
近海本マグロ
銚子の金目
宮崎のブリ

ブリは今朝とれたものだそうですよ。
羽田市場かしら?

本マグロは脂が多くて口の中で蕩けます。

やまぐち
金目はお醤油皿にいれると、パッと脂が広がりますね。

3点とも脂がのっていて、切り身も分厚く、食べ応えありました。

松茸と鱧の土瓶蒸し
やまぐち
1,800円
先日、お鮨屋さんで松茸のお椀をいただいてきたばかりなのですが、いただいてきたばかりだからこそ、また松茸なのですよ。
だって、最近は本当にあっという間に季節が過ぎているんですもの(;_;)
気づけば旬を伸ばして食べそびれること多々…。

やまぐち
ひとくち飲むと口の中に広がる芳醇な松茸の香り。
日本人で良かったと思えるひととき。

牛タン胡麻葱まみれ
やまぐち
1,200円
牛タンにしてはリーズナブルなお値段で、量もそこそこ。
しっかり食べたい人にはオススメです。

お腹がいっぱいになってきたので、軽くつまめるものを…

エイヒレ炙り
やまぐち
700円
炙りたて♪
分厚いのにやわらかくて、味に深みがある。
あると頼んじゃうのよね~(^^;

お腹も、おしゃべりも満足したので〆を。

限定漬け丼
やまぐち
900円
まぁ、あったら頼まないわけにはいかないww
マグロ、ブリ、金目の漬けでした。

お料理はおいしいし、雰囲気も良し、店員さんもみなさん丁寧、久しぶりに横浜で大ヒットのお店です。

旬彩やまぐち居酒屋 / 横浜駅平沼橋駅高島町駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply

[Donna] Designed by Akira.

Copyright © さとちんのPlatinum Days All Rights Reserved.