さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪海鮮丼マニアさとちんのブログです。 ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
映画

『旅猫レポート』観ました♪

旅猫レポート
『旅猫レポート』観ました。

STORY
誇り高き野良猫だった猫は毎日餌をくれる悟(福士蒼汰)とほど良い距離をたもってうまくつきあっていた。ある日事故で大けがを負ったとき、思い出したのは悟のことだった。悟に助けを求めた猫の声は悟に届き、これがきっかけで悟の飼い猫となり“ナナ”という名前になった。5年間悟とナナは一緒に暮らしていたが、悟にナナを手放さなければならない理由ができ、ナナの新しい飼い主探しの旅が始まる。


無類の猫好きの有川浩原作の小説。
原作は既に読んでいました。
実は「図書館戦争」が苦手で有川浩はどちらかというと避けていた作家さんですが、「阪急電車」が面白かったので読んでみたんですよ。


猫好きなら悟がナナを手放す理由はすぐにピンとくると思います。わかっていても引き込まれる。というかむしろわかっているからこそ、どうなるんだろうと気になって読み進めてしまう小説でした。

猫飼いなら同じ立場になったとき、しかも頼れる家族がいないとき悟のような行動に出るかもしれません。
自分も今は家族と一緒だけど年取って旦那に先立たれたら、きっと同じようなことをすると思います。

だから小説を読んだとき、理想の猫だよな~と思ったのでした。

猫しか見てなかった。

今回、映画を観てやっと悟も頭に入ってきました(^^;

映画は当然最初から最後まで泣きっぱなしでしたよ。
映画も良かったですが、映画に感動したら是非小説も。
映画はかなりはしょられているので。
特に小説の最後が私はとっても好きでした。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。