さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪海鮮丼マニアさとちんのブログです。 ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
映画

ロマンティックだけど、ちょっぴり考えさせられる『おとなの恋の測り方』観てきました♪ #おと恋

イケメンでお金持ち、仕事もできて、性格も良く、自分だけを愛してくれている、でも、ただひとつ…

おとなの恋の測り方

6月17日公開の『おとなの恋の測り方』
メゾン ポール・ボキューズ代官山で行われた特別試写会に出かけてきました♪

おとなの恋の測り方
まるで映画の中に入り込んだようなゴージャスな試写会の様子は別レビューで。
まずは映画の紹介を。

STORY
弁護士のディアーヌ(ビルジニー・エフィラ)は離婚して3年。別れた夫は今も仕事のパートナーのため、日々喧嘩が絶えずイライラした日々を過ごしていた。ある夜、ディアーヌがレストランに忘れた携帯電話を拾ったとアレクサンドル(ジャン・デュジャルダン)という男性から電話がかかってくる。知的でユーモアのある彼との会話に久しぶりにときめきを感じたディアーヌはアレクサンドルと会う約束をする。久しぶりにオシャレをし、待ち合わせ場所に出かけた彼女の前に現れたのは、自分よりも40㎝以上身長の低いアレクサンドルだった。ガッカリしたディアーヌは早々に帰ろうとするが、強引にアレクサンドルからデートに誘われる。想像以上にエキサイティングなデートと楽しい会話、次第にアレクサンドルに惹かれていくディアーヌだが、どうしても身長差が気になり…


アレクサンドルの身長は、なんと136㎝!
身長以外は完璧な男性!!
かっこいいし、建築家として成功していて富も名声もお金も持っている。しかも女性が喜ぶデートもバッチリ!でも、136㎝。
レストランで食事をしていると、みんながクスクス笑っちゃうくらい小さい男性。
これって、結構女性には悩むところかも。
現代版「美女と野獣」?
あ、「美女と珍獣」か。←実際、映画で「珍獣」と言われてた

もちろんラストはハッピーエンド。
ちょこっとネタバレになっちゃうかな?
ラストシーン、私は花嫁のベールに見えちゃいました(^^)

製作は、「最強のふたり」や「レモン」のGaumont。
ジャン・デュジャルダンは実際は182㎝でありながら、CGで136㎝にしているそうですが、ほとんど違和感は感じません。

クスクス笑いながら、キュンキュン出来ちゃうラブコメディーです。

公開は今週末からですよ~。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。