さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪海鮮丼マニアさとちんのブログです。 ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
東京・横浜・関東近辺散歩

京王線沿線おもしろ玉手箱モニターツアーに参加してきました♪

京王線
既に2週間過ぎてしまいましたが、お友達に誘われて『京王線沿線おもしろ玉手箱モニタツアー』に参加してきました。

京王線は、新宿駅から京王八王子駅を結ぶ鉄道で、調布市、府中市、稲城市、多摩市、日野市の東京5市を通っています。
今回はこの5市の魅力を体験できるスポットをまわるツアーと聞いて楽しみにしていました。
当日は朝9時に仙川駅に集合。
当日の見学コースは以下のとおりでした。

■ キユーピーマヨテラス
■ 深大寺(昼食)
■ 京王線高幡不動車両基地
■ 京王れーるランド
■ 東芝府中事業所


キユーピーマヨテラス

京王線
最初に出かけたのはマヨネーズの”なるほど!”が体験できるキユーピー マヨテラス。
キューピーじゃないですよ。キユーピーです。ユが大きいのです。

京王線
2014年6月にオープンしたこちらの施設は、キユーピーの研究所に併設されています。
実際に工場を見られるわけではありませんが、映像や疑似体験ができます。

京王線
マヨネーズのおいしさの秘密や歴史、キユーピーの解説秘話など、興味深いお話を聞きながら、マヨネーズについて学びます。

京王線

しかも最後はオリジナルマヨネーズを作って試食までできちゃいます。
キユーピー
マヨネーズとマーマレードは驚きのおいしさ!
是非、試してみるべし。

キユーピー
体験後は同じ施設内にあるkewpie shopでお土産選びとコーヒータイム♪

キユーピー
コーヒーは1杯250円。
以前は小川珈琲の豆を使用していたのですが、今は使ってないそうです。
それでも豆から挽いてくれるコーヒーは香りがよく、見学疲れ(というほど歩きませんが)を癒してくれる一杯です。
>>キユーピーグッズに囲まれて美味しいコーヒーを♪(以前出かけたときのレビューです)

マヨテラスの見学は完全予約制。
以前に比べたら少し予約がとりやすくなったような…
見学予定日の2か月前に電話かインターネットで予約できます。
様々なイベントも行っているので、そちらに往復はがきで申し込むのも楽しいですよ。
平日しかOPENしていないので、意外に子どもよりちょっと年配の人の方が多いとか。
主婦はねらい目です。
子どもが学校に行っている間に体験して、帰りはAOSANのパンを買って帰るべし。
>>いつかは角食を!再訪を誓ったパン屋さん AOSAN

マヨテラス
東京都調布市仙川町2丁目5−7
03-5384-7770
>>
https://www.kewpie.co.jp/mayoterrace/


深大寺

矢田部茶屋
マヨテラス見学の後は、バスで深大寺まで。
こちらでは昼食に深大寺そばをいただきました。

矢田部茶屋
詳細はこちら。
>>やっぱりおいしい深大寺そば『矢田部茶屋 』@深大寺

京王線
昼食の後は少し時間があったので深大寺参拝。
深大寺は天台宗別格本山の仏教寺院で、日本三大だるま市の1つ「深大寺だるま市」が有名です。
東京都立神代植物公園が隣接しています。
NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」がヒットしたとき、水木しげる夫妻がこのエリアに住んでいたことで一躍脚光を浴びました。

京王線

京王線

時間がなくて駆け足での参拝となりましたが、この日はとっても良いお天気で気持ちよかったです。
薔薇が有名なので薔薇の時期に、またゆっくり訪れたい場所です。

深大寺
東京都調布市深大寺元町5丁目15−1
042-486-5511
>>
www.jindaiji.or.jp/

京王線
参拝のあとは深大寺を出てすぐ右手にある『あめや』で甘味を。
昼食食べたばかりじゃん!というツッコミは軽くスルー。
甘いものは別腹。

京王線
名物だというそばパンを。

京王線

京王線
小豆の粒が残る餡子を、ほんのり甘みのある蒸しパン(?)で挟んでいます。
大きさはこぶしくらいなのでペロリです。
>>https://tabelog.com/rvwr/satochin0212/rvwdtl/B249759417/


参道入口には鬼太郎茶屋を発見!!
鬼太郎茶屋
集合時間が迫っていましたが、これは素通りできないとラテを飲んできました。

鬼太郎茶屋
とってもかわいいのに、
テーブルに 運ばれ5分で飲みきる 悲しさよ(字余り)
2階のギャラリーも時間がなくて見学出来ませんでした。
こちらも再訪したい場所です。

京王
鬼太郎とKISS♪
photo by ICHIKOさん

詳細はこちら
>>鬼太郎好き♪鳥取好き♪に嬉しい『鬼太郎茶屋』@深大寺

調布市には学問の神様「布多天神社」や、その布多天神社に向かう天神通り商店街には鬼太郎のキャラクター人形が何体も並んでいるそうなので、そちらも見に行ってみたいです。境港の水木しげるロードには2度出かけてことがあるので(^^)

深大寺の天然温泉「湯守の里」も気になる!(笑)

京王線高幡不動車両基地

京王
バスに乗って調布市から日野市に移動。

京王
多摩都市モノレール高幡不動尊駅にある京王線高幡不動車両基地にやってきました。
こちらは一般公開はされていません。
今回特別に見学させていただきました。ヘルメットをかぶっていざ車両基地へ。

京王
この日は2つの車両が点検中でした。
こちらでは6日を越えない期間に行う「列車検査」、3カ月を越えない期間に行う「月検査」という定期的な検査が行われています。

京王
普段とは違う視点からの電車の姿に、リアルタモリ倶楽部のようでテンション上がります!!

京王
ただし、おさわり禁止!
感電の危険があるので、見るだけです(笑)

京王
オドリコサンニテヲフレナイデオドリコサンニテヲフレナイデ・・・殺生だわww

京王
ワクワクするな~~

京王
みんな熱心に見入ってます。

京王

京王

こんなアングルもここならでは。
京王


ここは有料でも見学したい人たくさんいると思います。

京王線高幡不動車両基地
通常見学不可なので情報はなしで。



京王れーるランド

京王
こちらは誰でも見学OK(^^)
バスで多摩動物公園駅に隣接している京王れーるランドに来ました。

京王

京王
京王電鉄の電車とバスが展示されています。
こちらはおさわりOK!!

京王
初期の車両から最新の車両まで。
2400形、2010系、5000系、3000系、6000系、5種類の車両が展示されています。

京王
レトロな2400系車両は大きいお友達に大人気だそうで。

京王
100円で9000系のミニ電車に乗ることもできます。

京王
普段なら恥ずかしくて乗れないミニ電車もモニターツアーなら大手を振って乗れますね<迷惑

室内には様々な展示のほかに
京王

京王

シミュレーション体験もできます。
京王

電車だけでなくバスもありますよ。
京王

もちろんコスプレ写真も撮れます。
京王
残念ながら制服は子どもサイズのみ。

2階はキッズフロア。
京王
長男が子どもの頃、ここを知っていたら大喜びだっただろうな~~。

京王れーるランド
東京都日野市程久保3−36−39
042-593-3526
9:30~17:30
水曜定休
入館料 250円(3歳以上)
>>
www.keio-rail-land.jp/


東芝府中工場

京王
最後は府中市に移動し、こちらも通常は一般の人は入ることができない東芝府中工場を見学させていただきました。
残念ながら写真撮影禁止。
まぁ、自分も似たような会社の技術部門に勤めていたのでわかりますが(^^;
エレベーターについて色々教えていただきました。
広大な敷地内は専用バスで移動。

写真はありませんが、敷地内にはと~~っても高い塔があるんですよ。
エレベーターの運転試験を行う場所だそうで、立派な塔なのにエレベーターしかないんですって。
子どもの頃、映画「オーメン」を見てから、ちょっとエレベーターはトラウマ。
塔からおどろおどろしいオーラを感じました(主観)
唐突に天にそびえる塔はバベルの塔のような(主観)
実際は点検に備える塔。

技術者の方にお話も伺いました。
エレベーターってどれも同じかと思っていましたが、実はオーダーメイドなんですね。
ボタンや扉など選べるんですよ。
お話が面白くてね~。
研磨の仕方とか、バリ取りの仕方とか、熱く、松岡修造に負けていないくらい熱く、エレベーターへの愛を語ってくれました。
技術者いるいる(ry
あまりに興味深いお話だったので、質問もバンバン飛んでいましたよ(^^)

エレベーター工場見学なんて、なにがおもしろいんだろうと思っていたけど(コラッ!)、お兄さんのおかげでとっても楽しかったです。

工場見学の後は、なんと東芝ブレイブルーパスのグランドを見学させていただきました!!
京王
こちらも撮影禁止だったのですが、特別に許可がおりました!!
ちょうど月がラグビーボールのようだねと話をしていたんです。
「撮影する際は〇〇が写らないようにしてくださいね」とのことだったので、写真は一部加工してあります。

京王
最後にちゃっかり案内してくださった松田選手とツーショット(^^;

バスで府中駅に行き解散となりました。

京王
とにかく盛りだくさんなツアーでした。
1日でここまでまわれるなんて。
調布市、日野市、府中市とまわったので、残りの稲城市、多摩市も今度まわってみたいです。
横浜からはちょっと遠出となるのですが、日帰りプチトリップに東京5市はぴったりだと思いました。
誘ってくれたお友達に感謝です。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6945-1ab76795
該当の記事は見つかりませんでした。