さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
ホテル&旅館

千坪の日本庭園と趣の違う様々な温泉に癒される『ホテル山水荘』@福島県土湯温泉

ホテル山水荘
昨年の旅記事を少しずつアップしていきます。
11月に参加した『ふくしま ごちそう発見!ツアー』で宿泊したのは、
土湯温泉にある風望天流太子の湯 ホテル山水荘
写真を撮り忘れたのですが、これぞ日本の温泉ホテル!!といった外観と広いホール。
ホテル山水荘

福島市にある土湯温泉は「土湯こけし」が特産品で、ホテル内にもたくさんのこけしが飾られていました。
ホテル山水荘
巨大なこけしの横にはホテルの若旦那の実物大パネルの理由は後ほど。

ホテル山水荘
10畳ほどのお部屋だけど、4人なので広々(^^)

ホテル山水荘

ホテル山水荘 ホテル山水荘
浴衣と羽織、フェイスタオルと歯ブラシ。

ホテル山水荘 ホテル山水荘
冷蔵庫にはチェックアウト時精算の飲み物が。

ホテル山水荘 ホテル山水荘
アメニティはお部屋でも十分と感じましたが、大浴場に行くと髪留めゴムからコットン、化粧水、乳液と、手ぶらで来ても大丈夫なくらい充実していました。
日本のホテルや旅館って、ほんと至れり尽くせりだよね。

ホテル山水荘
土湯こけしのキーホルダーが付いた鍵がレトロ。
羊羹おいしかったです。
パソコン持って行かなかったけど、全室フリーWi-Fi!!
田舎だと侮っていたら<失礼

このホテル自慢の千坪の庭園は、ちょうど紅葉が見頃でした。
ホテル山水荘

ホテル山水荘
しかも夜はライトアップされて、幻想的な美しさだったのですが、セミナーと食事が終わったら既に9時近くで、庭を散策する時間がありませんでした。ざむねん。

もうひとつ、というかこのホテルの一番の自慢は源泉かけ流しの温泉。
しかも1階、3階、6階に、それぞれ趣の違う温泉があり、ほかに5か所の貸切風呂もあるのですよ。

1階は、日本庭園を眺めながら入れる、つれづれの湯、たまゆらの湯。
ホテル山水荘
24時間利用可能です。
写真は、たまゆらの湯。

3階は荒川と滝を眺めながら入る太子の湯。
ホテル山水荘
混浴だけど、19:00~23:00は女性専用になります。

そして6階には淵の湯、龍の湯。
私たちが宿泊した日は、淵の湯が女性用でした。
二階建ての広い浴場に、露天桶風呂までありました。
ホテル山水荘
露天桶風呂からは目の前に滝が見えましたよ。

山水荘
ここでは、シャンプーとリンスも好きなものを選べます。

山水荘
利用時間は5時~1時。

全部のお風呂に入れなかったのが残念!!
今なら雪見風呂が楽しめるんでしょうね~。

貸切風呂には満天の星空が眺められる露天風呂もあるようですよ~。

温泉の泉質は単純温泉。
効能は高血圧症、動脈硬化症、リウマチ、神経痛、皮膚病、婦人病、冷え性など。
風水的には人間関係や縁に関するトラブルに効果あり。

お食事は別記事で紹介します。

さてさて、玄関ホールにあった若旦那の等身大パネルの謎ですが…

土湯温泉では若旦那押しで、こんな冊子まで作っているんですよ。
ホテル山水荘

ホテル山水荘

実在の若旦那が出てくる漫画まで。
ホテル山水荘

ホテル山水荘
月刊誌「シルフ」で連載されていました。
こちらで試し読みができます⇒☆
これが結構おもしろくて1巻全部読んじゃいました(^^;

ホテル山水荘
なんと若旦那に会える「若旦那BAR」まで。
ちょうど宿泊した日の前日にOPENしたばかりだったのね!!
これは行ってみればよかった~~。

で、忙しい若旦那がいな時は、等身大パネルがホテルに置かれるわけです(笑)

ホテルに着いたのがもう少し早かったら、チェックアウトがもう少し遅かったら、温泉街を散策できたのになぁ~。
1泊2日、土湯温泉にいても十分楽しめると思いますよ~。

山水荘

ホテルの食事の記録はこちら。
>>夕食も朝食も福島のめぐみたっぷり『ホテル山水荘』@福島県土湯温泉

ホテル山水荘
福島県福島市土湯温泉町油畑55
024-595-2141
>>
www.sansuiso.jp/
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6892-98388c12
該当の記事は見つかりませんでした。