さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪海鮮丼マニアさとちんのブログです。 ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
鳥取県江府町観光PRツアー

≪鳥取県江府町≫サントリー天然水 奥大山ブナの森工場見学

江府町
サントリー天然水、実は3種類あるって知ってました?
東日本は南アルプスの天然水、西日本は大山の天然水、九州は阿蘇の天然水です。
(現在地震の影響でサントリー九州熊本工場は休業中です)
南アルプスのお水は硬度30ml、奥大山のお水は硬度20ml、阿蘇は硬度80ml。
以前、サントリー 南アルプス白州工場を見学したときに3種類のお水の飲み比べをさせていただいたことがあります。
>>サントリー天然水飲み比べ♪
大山のお水は、とてもやわらかいお水でした。

江府町にはサントリー天然水大山の水を作っているサントリー天然水 奥大山ブナの森工場があります。

工場見学をさせていただきました。
こちらではサントリー天然水だけを作っています。

最初に天然水について教えていただきました。
江府町

降雪量が多く豊富な水量に恵まれた奥大山では、雨や雪が地中へとゆっくりと浸透し、約100万~2万5千年前の火山活動でできた火砕流の地層、天然のろ過装置によって、およそ20年以上かけてゆっくりと磨かれ、程よいミネラルを含む天然水となります。
その天然水を工場で汲み上げボトリングしています。

座学の後は工場見学。
白州ではモニターでの見学でしたが、こちらでは自分の目で直接見ることができました。
これはテンションあがりますね(笑)

江府町

江府町

江府町

ボトルになる前のパリソンも特別に見せていただきました。
江府町
左が550ml、右が2リットルのペットボトルになります。
実は私サントリー天然水のやわらかいペットボトルが苦手で、いつもキャップを開けるとき中の水をこぼしてしまうのですよ(--;
上手にこぼさず開ける方法ってあるのかしら?

工場内部の見学の後は、外にある雪室(ゆきむろ)見学です。
江府町

サントリーの工場では環境に配慮し、LNG(液化天然ガス)を使用したり、廃熱を回収して有効活用する蓄熱システムを取り入れています。
また、冬場、2~3メートル積もる雪を雪室に貯蔵。その冷たいエネルギーを夏場の空調や生産設備の冷却源に利用しています。
汚れて見えますが、入れたときには真っ白の雪だそうですよ。
どうしても埃などが集まってきて、この時期は汚れて見えるのだとか。
昨年の雪がまだ残っているのって凄いですよね。

工場見学の後は試飲ができました。
江府町

江府町
今は天然水だけですが、来年には新しい工場ができ、フレーバーウォーターの製造も始まるそうです。
工場見学は1時間ほど。
せっかくなので売店とかあって、ここでしか買えないレアグッズなどがあればいいのにな~~と思いました。

サントリー天然水 奥大山ブナの森工場
鳥取県日野郡江府町大字御机字笠良原1177
0859-75-9114
休業日:不定休
見学開催時間:10:00~11:00、13:00~14:00、15:00~16:00
事前予約制
>>
http://www.suntory.co.jp/factory/okudaisen/

江府町 INDEXはこちら
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6813-cd65796b
該当の記事は見つかりませんでした。