<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
山陰海岸ジオパーク女子旅2016秋

山陰海岸ジオパーク女子旅2016 2日目ダイジェスト

このたびの鳥取県中部地域における地震で被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます共に、皆さまの安全と、被災地の一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

山陰海岸ジオパーク女子旅モニター2016 2日目を簡単に紹介します。

7:00
山陰海岸ジオパーク女子旅モニター
御所の湯で一番札をゲット。
毎日、一番に並んだ男女一名ずつがもらえる札です。
6:25に一の湯の前を通ったら、既に並んでいるご夫婦がいました。
御所の湯は誰も並んでいなかったので、そのまま並ぶことにしました。
6:30になると他の人も並びだしました。
以前、地蔵湯の一番札をもらった時も6:30に並んだので、6:30がボーダーライン?
一の湯は人気なので6:30以前に並ばないとダメなようですね。

7:45
山陰海岸ジオパーク
宿に戻って朝ごはん。

山陰海岸ジオパーク女子旅
荷物はKKR城崎玄武に預かってもらい、城崎温泉を後にして、丹後に向かいます。

9:08
山陰海岸ジオパーク女子旅
城崎温泉から豊岡駅まではJR山陰線で200円で10分。

2年前は豊岡駅でレンタカーを借りて丹後半島をまわりました。
>>ジオとグルメと温泉と@海の京都 丹後半島ドライブ
>>地元住民ガイド『シンクロ』さんと歩く琴引浜
今回は悩みましたが、2日目の宿は鳥取に予約してあったし、足の調子も悪いので鉄道を選びました。
土日ならJR城崎温泉駅⇔丹鉄久美浜駅の往復乗車券(1,100円)を購入して、臨時列車「くみはまライナー」を利用することができるので、かなり時短になりますね。土日なら鳥取まで行くのにもジオライナーが使えるし。
平日なので普通列車を使ったのんびり旅です。

山陰海岸ジオパーク女子旅
京都丹後鉄道ってJRじゃなかったんですね(^^;
この日まで知りませんでした。

山陰海岸ジオパーク女子旅
一度豊岡駅を出て、観光案内所の横を通って丹後鉄道宮豊線乗り場に向かいます。

山陰海岸ジオパーク女子旅
京都丹後鉄道全線1日フリー乗車券は2,000円。
タチコマのイラストが描かれたクリアファイルつきの攻殻機動隊記念切符も発売されていました。
途中、京都丹後鉄道×攻殻機動隊 “ラッピング列車”とすれ違ったのですが、急過ぎて写真撮れませんでした(><)

山陰海岸ジオパーク女子旅
天橋立は山陰海岸ジオパークではなかったのですが、一度行ってみたかったので、天橋立まで行って戻ってくることにしました。

2年前車で走った場所を、車窓から眺めながら1時間11分の電車の旅。
山陰海岸ジオパーク女子旅

山陰海岸ジオパーク女子旅

天橋立駅の前にはレンタカーもあるので、ここから丹後半島をまわるのもありですね。
山陰海岸ジオパーク女子旅

山陰海岸ジオパーク女子旅
ダッシュで傘松公園に行き、ダッシュで戻ってきて、12:36発の豊岡行きの電車で戻ります。
13:55に豊岡に到着。
豊岡では既にJR山陰線の電車が入っていたので、丹後鉄道のホームからJR豊岡駅に直接入ることができました。
おかげで乗り換えアプリでは14:25まで豊岡にいなければならなかったのですが、13:55発の香住行きに乗ることができました。
14:07に城崎温泉到着。
ホテルに荷物を取りに行くため、いったん改札を出て清算(丹後鉄道からJRにそのまま乗っているので)、ついでに鳥取までの乗車券を購入して、ホテルに向かおうとした、まさにその瞬間、スマホから緊急地震警報が鳴り響きました。
すぐに、大きな揺れが城崎温泉駅を襲います。
ちょうど城崎温泉が改修中だったので、ちょっと怖かったです(^^;
地震がおさまったら、ホテルから荷物を持ってきて、駅前でお弁当を購入。
山陰海岸ジオパーク

城崎温泉に戻ったら、乗ってきた電車が線路の点検で、まだ駅にいたので、電車に乗り込みました。
友達からFacebookに情報をもらい、鳥取が震度6だったということを知りました。
ほどなくして電車は出発し、この電車の終点香住へ到着。
山陰海岸ジオパーク

香住で浜岡行きの電車を待ちました。
ちょうどポケモンのジムがあったので制覇してみたり…。
山陰海岸ジオパーク

お弁当食べたり。
山陰海岸ジオパーク

浜坂行きの電車は時間通りにやってきたので浜坂まで行くことはできたのですが、その後、鳥取行きの電車が止まっていました。
地震が起きたときからなので、2時間以上ずっと止まっているのだそうです。
駅の外に出てもいいとのことだったので、足湯に入ってまったり。
山陰海岸ジオパーク
焦ってもしょうがない。
泊まる予定のシェアハウスのオーナーとチャットで様子を聞き、利用予定のレンタカー屋さんにも連絡を入れ、スマホを見ながら待ちました。
都会なら駅が人で溢れて、それだけで体調崩しそうだし、逆にあまりに人がいないと心細くて不安になりそうだけど、幸か不幸か学校帰りの学生もいて、不思議と焦ることもなく、怖がることもなく、電車が動き出すまで落ち着いて待つことができました。
浜坂で待っていたのは1時間もなかったと思います。
それでも当初17:10に鳥取到着予定でしたが、18:00近くになりました。

すぐにレンタカー屋さんに行き電気自動車を24時間借りる手続きを。
山陰海岸ジオパーク
いつも利用しているCALレンタカーさんです。
24時間借りても3,700円。
しかもガソリン代なし。
助かります。

18:45
山陰海岸ジオパーク
この日の宿泊先
鳥取港目の前のゲストハウス シャン亭に到着。
定員15名のドミトリーです。
ベッドは智頭杉で作った特製ベッド。

19:30
山陰海岸ジオパーク
シェアハウスのオーナーに教えてもらった温泉へ。
みさき屋
温泉なのに380円と銭湯よりも安い!!
しかも、とっても良いお湯でした。

20:15
山陰海岸ジオパーク
賀露港の海陽亭で海鮮丼の夕ご飯。
なんと、すなば珈琲と同じ系列のお店でした。

山陰海岸ジオパーク
憧れのすなば珈琲を思いがけない場所で飲むことができました(^^)

21:00
山陰海岸ジオパーク
ゲストハウスに戻り、1階でみんなとおしゃべり。

0:00
就寝
地震にあい、どうなることかと思いましたが、特に何事もなく2日目も無事終了しました。

山陰海岸ジオパーク

山陰海岸ジオパーク INDEXはこちら
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6788-c25246e9
該当の記事は見つかりませんでした。