さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
グルメ

おいしくて、やさしい、オーガニックレストラン『navarre』@青山

navver
お友達が出かけていて、とっても気になっていたオーガニックレストラン『navarre』。
同じように行きたいと思っていたお友達と、予定をあわせて出掛けてきました。

『navarre』はアメリカのオークランド州ポートランドにあるファームtoテーブルのレストラン。
ファームtoテーブルとは、契約農家さんの新鮮野菜を調理してテーブルに提供するスタイルのこと。
オークランドのイヤーオブザレストランにも選ばれたことがあるのです。
ポートランドの『navarre』を訪れ、そのポリシーや味に惚れ込んだ店長さんが日本に2号店をOPENさせたんですって。
『navarre』のお料理はポートランド以外では、ここ青山でしか食べることができないのです(^^)

navarre
渋谷駅と表参道駅のちょうど中間地点。
青山通り沿いにあります。


navarre
ウッディな店内。

navver
テーブルなど、すべて手作りだそうですよ。

この時は、まだテーブルに余裕があったけど、このあとほぼ満席になってました。
オーガニックレストランというと女性が多いイメージだったけど、こちらのお店は男性が多くてビックリ!!
男性でも満足できるお料理なんですね。

navarre
紙にチェックしてオーダーします。

Catherine et Pierre Breton EPAULE JETE VOUVRAY BRUT
navver
カトリーヌ エ ピエール ブルトン エポール ジュテ ヴーヴレイ ブリュット NV
フランスのスパークリングワインです。

こちらのお店は実はワインが豊富なことでも有名なのです。
navver
オーガニックのワインが30種類以上。
お料理にあわせて色々選んでもらうことも可能。
私は体調不良のため、ワインはこれ1杯で我慢しましたが…

ファーマーズグリーンサラダ
navarre
600円
1枚1枚手で摘んだグリーンリーフのサラダです。
7種類の野菜をピネグレットドレッシングで。

クリームチーズとアンチョビのバゲット
navarre
正式名称失念(^^;
フランス産の小麦粉を使い塩と天然酵母だけで焼いたバゲットに、北海道のクリームチーズと沖縄のアンチョビを乗せて、アカシアのはちみつをかけた一品。
沖縄のアンチョビは味が濃くておいしいのだとか。
沖縄ならスクガラスも面白いかも。

田舎風パテ・ピクルス
navarre
500円
豚肉とピスタッチオのパテと季節野菜のピクルス。
ほんのりクミンが香るピクルスは、豚肉とパテと一緒に食べると、お互いおいしさアップなのです(^^)

シードル
navarre
ドイツのHeil(ヘイル)社のオーガニックシードル。
ヨーロッパで信頼のおけるDLG(ドイツ農業協会)の金メダルをとったシードルです(^^)
シードル大好きだけど、これは初めて飲みました。

かぼちゃのスープ
navarre

とっても優しい味♪
navarre

スタッフの方がスープに使ったかぼちゃをテーブルまで持ってきてくれました。
navarre
栃木県渡良瀬の契約農場で栽培されたかぼちゃです。

バターナッツかぼちゃのロースト
navarre

バターナッツかぼちゃも見せていただきましたよ。
navarre

通常のかぼちゃより甘さ控えめなの。
やわらかくて、とろけるような感じ。

チキンの煮込み
navver
このレビューの一番上の写真。
実はアメリカ大使館で行われたガンボ料理コンテストで優勝したメニューです。
鶏肉はホロホロ。
アーモンドパウダーを使ったチキンの煮込みは、今まで食べたことのない味。
鶏本来の味が楽しめます。
サフランライスとの相性もバッチリ。

サツマイモのスイートポテトパイ
navarre
千葉県で栽培されたシルクスイートという種類のサツマイモで、とっても甘味が強いんですって。

navarre
おいしいけど、とってもボリューミー!!

女性はふたりでシェアしてもいいかも♪

カフェラテ
navarre
かわいい!!
着ぐるみバージョンと通常バージョンですって(^^)

人気なのも納得のおいしさでした。
どれもほっとする優しい味で、弱った体に染み入りました(笑)
最近はケータリングサービスもはじめたそうです。
パーティーやイベントでもnavverのお料理が楽しめるなんて嬉しいですね。
誰か呼んで(笑)

ナヴァー野菜料理 / 渋谷駅表参道駅明治神宮前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6762-033b337e
該当の記事は見つかりませんでした。