さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
アメージングタイランド!微笑みの国タイ ブロガーGO!

おいしい機内食に、ゆったりシート。タイ・エアアジアで楽々Thailand♪ 

エアアジア
「ブロガーGO!」で利用したのはタイ・エアアジア航空でした。
2月にマレーシアのペナン島に行ったときはエアアジア。
エアアジアはマレーシアの航空会社だけど、タイ・エアアジアはタイ・バンコクを本拠地とするLCC。
微妙に違うんですね。
ドンムアン空港を拠点としています。
タイ・エアアジア搭乗機を記録しておきます(^^)

■ チェックイン
■ シート
■ 機内食
■ 出入国カード


チェックイン

エアアジア
成田ではひとつだけ離れた場所にチェックインカウンターがありました。
バスの場合、第二ターミナルの17番停留所で降りると近いです。(最初は2番停留所、次が17番停留所)
この写真はWi-Fiを借りてきてから撮ったので右手にありますが、17番停留所で降りて空港に入ると、すぐ左手にNのチェックインカウンターがあります。

事前にWEBチェックインを済ませておくと、並ばないで済むので楽です。
アメージングタイランド
成田空港では、こんな風にわかれていました。
なので右側の空いている列を通ってスイスイチェックイン♪
ドンムアン空港でも奥にWEBチェックイン済の人のための列がありました。

WEBチェックインはスマホからもできます。
アメージングタイランド
http://www.airasia.com/jp/ja/home.page

アクセスしたら、右上の部分を拡大。
アメージングタイランド
拡大すると出てくる(笑)WEBチェックイン。

アメージングタイランド
番号を入れてチェックすれば完了です。

荷物は、私たちは30kgまでOKとなっていましたが、通常は7kgまでです。
ペナンの時にも使った手なのですが、パソコンやカメラといった重量のあるものは、別バックに入れて通り、重量チェックが終わってから機内持ち込み用スーツケースに入れました。


シート

エアアジア
今回はQuiet Zoneが用意されていました。
Quiet Zoneは7番~17番までのシートで、10歳未満の子どもは利用できません。
機内のノイズも抑えられ、機内食も早く出てきます。

さらにクワイエットゾーンの中でも、座席が広く、コンセントなども使用できる、ホットシートでした。
ホットシートは15歳以上で、緊急脱出時乗務員を支援できる人が利用することができます。

エアアジア
ホットシートの足元はこんなに楽々。

エアアジア
でもQuiet Zoneも十分広いです。

エアアジア
座席は左側の手すりにある、こちらのボタンでリクライニングします。

エアアジア
ホットシートのコンセント。

エアアジア
Quiet Zoneはプラス1600THB(4800円)、ホットシートはさらに1400THB(4200円)。
LCCで航空チケットを安くゲットしていたら、プラス10,000円で上質のサービスを受けるのも良いかも。
エコノミークラスはきちきちだったけど、行きのQuiet Zoneはガラガラで、3列使用して横になって休むことも可能でしたよ。

機内食

飛行機のお楽しみは、なんといっても機内食♪
アメージングタイランド
行きはSPICY FRIDE CHIKIN WITH RICE AND TRADITIONAL THAI-STYLE OELETTE (210THB)
BANANA CAKE WITH 100% ORANGE JUCE (

アメージングタイランド
これが予想以上にスパイシー

アメージングタイランド
辛くて辛くてビールがすすみます。

アメージングタイランド
ビールは150THB
円でも払えるとけど、円だと600円くらいになっちゃうので、バーツがお得。

帰りはパッタイ。
エアアジア
こちらも210THB

エアアジア
ちょっと麺がくっついて食べにくかったけど、辛くない万人受けするメニュー。

エアアジア
チョコバナナケーキも♪

クレジットカードは500THBから使えます。
残ったバーツを空港で全部使ったあとだったので、ビールを買うことができず(^^;;
でも、食事を終えたら爆睡しちゃって、目が覚めたら成田でした。

出入国カード

エアアジア
タイに向かう飛行機の中で出入国カードを書きました。
英語も書いてあるので、タイ語が読めなくても大丈夫。
左が入国カード、右が出国カード。

エアアジア
ホテルの住所を書いちゃったけど、ホテルの名前でも大丈夫みたい。

エアアジア
職業は悩んでいたら「フリーランスでいいんじゃないですか」とアドバイスもらえたのでフリーランスで(^^;
ちなみに主婦はHOUSEWIFE、無職はNONE。

入国した後、切り離した右側の出国カードをくれるのですが、
私はこれを単なる自分の控えだと思ってたんですよ(^^;
そしたら、これがとても大事だった!

ホテルにチェックインする時にも必要だったし、なにより出国時に必要だったんです。

私はカバンにぞんざいに突っ込んでいて、さらにペットボトルの水も一緒に入れていたから、端っこが水滴でふやけて、ちぎれて、文字は滲み…
出国できませんでした(^^;
再度、出国カードを書き直しさせられましたよ。

みなさん、気を付けましょう!!<って私だけ?


アメージングタイ 旅のINDEXはこちら。

#airasiaX #エアアジアX #amazingthailand #アメージングタイランド #ブロガーGo
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6758-c4226139
該当の記事は見つかりませんでした。