さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪海鮮丼マニアさとちんのブログです。 ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
グルメ プレミアム

男友達と出かけるのは危険。艶めく懐石料理で恋に落ちてしまうかも。『不風流』@東麻布

不風流
麻布十番駅から徒歩5分。
6番出口の階段をのぼったら、目の前の大きな道を左方向に歩き、ガソリンスタンドの裏にひっそりとある「不風流」。

小さな看板があるだけなので、意識していないと気づかず素通りしちゃうかも。
不風流

中は別世界。
不風流

不風流

1階は広いスペースにカウンターだけという贅沢な作り。
雰囲気のあるアダルトなカップルが食事をしていて、まるでTVのドラマを見ているような気分になっちゃいました。


私は地下1階にある半個室。
同じく地下1階にあるお座敷は宴会が行われているようでした。
(といっても声が少し聞こえてくるだけで、騒々しいわけではありません)

ロワイエ・エ・フィス キュヴェ・ド・レゼルヴ
不風流
乾杯はシャンパーニュで。

不風流
「畑こそが全て」という信念を持ってシャンパーニュを造り続けているドメーヌ(領主)ロワイエ家のスタンダード・キュヴェです。
ピノ・ノワール75%、シャルドネ 25%、2年以上瓶熟させてから出荷されるシャンパーニュは、とにかく泡がきれい。
しばらく見惚れてしまいました。
優しい味わいの辛口ワイン。

お料理はおまかせでお願いしました。

先付
不風流
冬瓜と帆立炙り・毛ガニ湯葉・アメーラビーズ・雲丹

不風流
毛ガニはむいてあるから食べるだけ。

不風流
雲丹は塩水雲丹?
口の中に甘さが広がります。

不風流
炙った帆立は香ばしさが帆立の旨みをひきたてます。

それぞれ個性的な食材がひとつなって、なんともいえない味覚のハーモニーが…。

あぁ、やばいやばい。
口が半開きのまま動きが止まっちゃったよ。

造り
不風流
3点盛です。

不風流
加賀太胡瓜の上に鮪の醤油漬けとオクラを乗せています。

不風流
コチ昆布〆 炭塩

不風流
太刀魚炙り

お造りですが、一品一品味がついているのでお醤油はいりません。
お魚本来の味が楽しめます。

お椀
不風流
鱧・小メロン・じゅんさい・鮑干枚・酢橘
お椀の中には初夏の味覚がいっぱい。
ひとくち飲んで、鱧と鮑干枚から出たお出汁のおいしさに言葉を失いました。

不風流
上品なこぶりのじゅんさい。
ツルンスルンという喉越しがたまりません。

焼物
不風流
すずき酒盗焼き・獅子唐の湯浸し・金時草の胡麻和え・もろこしかき揚げ・酢取り茗荷・水茄子醤油漬け

味覚の宝石箱や~~~<彦摩呂か!!

いろんな快楽…いやいや、いろんな味が少しずつ楽しめて骨抜きになりそうです。
胡麻和えも普通の胡麻和えよりコクがあって、金時草のクセをやわらげ、上品な味に仕上げてあります。
すずきもやわらかくて、口の中でほろりとくずれ、舌ではなく口腔内全体で味わいました。

はぁ~~しあわせ~~。

日本酒スカッシュ
不風流
見慣れない飲み物がメニューにあったので、こちらをオーダー。
なんと雨後の月を炭酸で割り、レモンの果汁を絞ったものでした。

スカッシュというので甘い飲み物をイメージしていたのですが、ベースが雨後の月ですから。
飲みやすく、さっぱりとした味わい。
うすばりのグラスが、さらにおいしさを引き立てます。

御肉
不風流

赤身馬肉 にんにくあん・牛肉 ポン酢あん・鴨塩蒸
不風流
牛肉には筍が、鴨肉にはツルムラサキが添えられていました。

こちらも少しずつ色んな味が楽しめるのがいいですね。

お鮨
不風流
鮪、イカ、海老、岩牡蠣、コハダ
お椀は三つ葉ととろろ昆布の赤だし。

お鮨は黒酢と白酢を使い分けていました。
不風流

不風流

不風流

不風流
こちらもお醤油は使いません。

甘味
不風流
最中に添えられているのは、餡子とイチゴジャムです。
イチゴジャムにはアルコールが使われていて、おとなの最中になっています。

とにかくお店の雰囲気がアダルト。
出てくるお料理からは次々と新しい刺激が。
男友達ときて食事をしたら、うっかり恋に落ちてしまうかも。
女同士でよかった~~(笑)

会食や、ちょっとしたお祝いにも使えるお店です。

不風流懐石・会席料理 / 麻布十番駅赤羽橋駅神谷町駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6613-27628b18
該当の記事は見つかりませんでした。