さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
篠山を巡るブロガー旅行記

見どころいっぱい!篠山城下町

篠山城
丹波篠山・歴史的景観を今に伝える農村集落をめぐる旅 2日目
篠山城を見学した後は、篠山市の中心ともいえる篠山城下町を散策しました。
篠山城とJRの篠山口は車で10分ほど離れています。
歩くと1時間はかかるんですよ。
普通駅前が市の中心となりそうなものですが、電車が通ることが決まった時「お城の下を陸蒸気が走るなんて!!」と市民の反対があり、駅はお城から離れたところにできたのだと、前日訪れた集落丸山で教えてもらいました。
でも、そのおかげで篠山城下町は昔の面影を残したまま今にいたっています。
じゃぁ、篠山市の人は昔の人のようにストイックな生活をしているのかというとそんな事はなく(笑)、前日温泉に行くとき郊外型のショッピングセンターがあって、そこにはTSUTAYAやサーティーワンアイスクリームなどがありました。
現代と過去が上手に分かれている感じです。

とりあえず徒歩で街の散策をはじめました。
篠山城
お天気の良い日だったので、お堀が鏡のように緑を映していました。
紅葉の時期は、もっと綺麗なんでしょうね~。

篠山城
お堀の横には武家屋敷が並びます。
類まれなる方向音痴の私。
ここが篠山市篠山伝統的建造物群保存地だと思って歩いていたのですが、後から調べたら違うような(^^;;
午後には予定が入っていたので、城下町の散策は午前中のみ。
とてもじゃないけど歩いてでは回りきれないと気づき(遅い!)レンタサイクルを借りることにしました。


篠山城
JR篠山口駅東口、篠山観光案内所、歴史美術館、武家屋敷 安間家史料館、青山歴史村で借りることができます。
写真は篠山観光案内所です。
ここで借りようとしたら、ブロガーさんは歴史美術館で借りてくださいとのことだったので、またトコトコあるいて向かいます。
向かうのですが、途中誘惑がいっぱい。

篠山城
ちょうど栗の時期で街のあちこちで焼き栗が売っていました。
このマシン(?)で栗を焼いているのです。

篠山城
丹波の焼き栗は、とにかく大きい!!
そして甘い!!
ほくほく!!

お姉さんの写真を撮らせてもらったのに、データ復活せず(><)

さらにトコトコ歩いていくと、今度は春日神社を発見!!
篠山城
奈良の春日大社から分霊された篠山の氏神様。
毎年10月の第3土曜日に行われる秋の祭礼では、神輿や山鉾が街を練り歩き、その様子は昔の面影を残す篠山の街並みに溶け込み、まるでタイムスリップしたような情緒あふれる雰囲気なのだそうです。見てみたい!!

篠山城
本殿から振り返っても、瓦屋根が続いて、現代とは思えない風景ですよね(^^)

篠山城
フラフラと寄り道していたら、歴史美術館に着いたのが11時近くになってしまいました。
ここでも、今回の旅の担当者さんにご挨拶して、駆け足で歴史美術館を見て回りました。
こちらには、篠山に伝わる、武具、漆芸、絵画などの美術品、 江戸時代末期の磁器窯、王地山焼、 埋蔵文化財を展示しています。

建物は明治24年(1891)篠山地方裁判所とのことで、時間がないと言いながら、こんなコスプレをして写真を撮ってもらいました(^^;
篠山

レンタサイクルを借りたら、急いで街をまわります。
残念ながら降りて見学する時間はなし(^^;

篠山城

篠山城

篠山城

篠山城
こちらは安間家史料館

下の写真3枚は御徒士町武家屋敷群
篠山城

篠山城

篠山城

こちらは青山歴史村
篠山城

ここでタイムアップ(><)
河原町妻入商屋群や伝統的建造物保存エリア、丹波氏酒造記念館には行けませんでした。
半日では足りません!!
1日時間を取っておくべきでした!!
丹波氏酒造記念館はとっても楽しみにしていたので、本当~~~~~に心残りです。


このブログ1枚目の写真は大正ロマン館。
大正12年に建築された旧篠山町役場で無料の休憩スペース、特産品、地元素材を使用したレストランがあります。

篠山 旅のINDEXはこちら
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6262-f843af18
該当の記事は見つかりませんでした。