さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪海鮮丼マニアさとちんのブログです。 ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
グルメ プレミアム

黒毛和牛に雲丹。日本橋で、ちょっと贅沢な宴を@牛若丸

牛若丸
思いがけず臨時収入が入りました♪
貯金するような金額でもなし、使い道を考えて、さらなるグルメ道を極めるための自己投資という名目で(笑)、ちょっと贅沢なご飯を食べに行きました。
「9月にOPENしたばかりですが、なかなか良いお店のようですよ」と、グルメな知人からの紹介。
飲み放題付き「期間限定牛若丸コース」10,000円が、今なら8,000円なのだそうです。
ほんと、ちょっとした贅沢という値段ですよね。
でも、実際にいただいてみたら8,000円以上の価値がありました!

前菜
牛若丸
3種のお料理が前菜として出てきました。

熟成された牛の生ハムと炙りチーズ
牛若丸
A5ランクの黒毛和牛の内もも部分を生ハムにし、最後に燻製にかけているそうです。

牛若丸
生ハムの下には燻製したチーズ、上に乗っているのはビスタッチオ。


糖度の高いトマトと白ワインのジュレ
牛若丸
北海道産のフルーツトマト「北の極」の上に、ほんのり甘い白ワインのジュレが乗っています。
上には金箔まで!!
なんて贅沢なんでしょう(^^)
宝石みたい。

黒毛和牛の生雲丹巻き仕立て
牛若丸
お皿の上でひときわ光り輝いていた一品(笑)
リブロースの中心「かぶり」と呼ばれている部分で、北海道産の生雲丹を巻いています。
以前、銀座でサッと炙ったリブ芯で生雲丹を巻いて食べたことがあるのですが、かぶりは生で食べたほうがおいしいのだそうです。

牛若丸
牛肉は極上のレースのように脂がはいっていて、とってもフォトジェニック(笑)
食べる前に、たくさん写真撮っちゃいました(^^;;;

味は言うまでもなし。
とろける牛肉と、とろける生雲丹。
飲み込むのがもったいないです。
もったいないけど、口の中で蕩けちゃうので、口福に打ち震えながら(笑)飲み込みます。
長生きしてよかった~~<おい

ワンランク上の飲み放題
牛若丸
飲み放題メニューも豪華なんです。
普通のお店なら別料金のお酒が飲み放題。

ビールはなんとMASTERS DREAM
牛若丸
それが飲み放題というのですから、お酒が好きな人は飲み放題だけで元がとれちゃいそうですね(^^;;

変わり野菜のバーニャカウダ
牛若丸
こちらのお店は牛肉だけでなく、野菜もこだわっているのです。
農家直送の旬の野菜を使ったバーニャカウダです。
紅芯大根、きゅうり、茗荷、フレンチ大根、ラディッシュ、キオッチャ、江戸菜、紫芋。
フレンチ大根は辛くてクセになりそうです。
紫芋は蒸しただけなのに、とっても甘くてスイーツのよう。
ラディッシュの上にはクリームチーズとトリュフ塩。

ソースは生クリームとアンチョビを使った塩味のきいたソースと、すりおろし玉ねぎの甘めのソースの2種類です。

牛若丸
キオッチャははじめて食べたのですが、見た目からは想像できない甘い味にビックリ。
ナルト大根とか、渦巻き大根とも呼ばれているそうです。
アンチョビのソースの塩加減がさらに甘さを引き立てているんですよ。
すっかりキオッチャファンになりました。

カーニヴォ
牛若丸
2杯目はワインで。
お肉のお料理が続くとのことで、お肉にあう赤ワインにしました。
カーニヴォがあったんですよ(^^)

牛若丸
お肉をいただく準備完了です(笑)

黒毛和牛炙り刺
牛若丸
和牛のお刺身がやってきましたぁ~~!!
すべてA5ランクの黒毛和牛です。

牛若丸

牛若丸
リブロースは埼玉の和牛
いちぼは群馬の和牛
芽葱を巻いたもも肉は福島の和牛でした。
豪華な食べ比べです。

牛若丸
黒トリュフとお醤油で作ったたれか、黒トリュフ塩でいただきます。
わさびを乗せることで、多めの脂もさっぱりといただけますね。

松茸と黒毛和牛の牛だし寄せ
牛若丸
牛肉と雲丹の次は、牛肉と松茸ですかぁ?
さっと火を通した和牛のもも肉と松茸を牛だしとブイヨンで作った煮こごりの中に閉じこめています。

牛若丸
プルプル食感が楽しい♪
我が家のすき焼きは松茸が入ることもあるんですよ。
牛肉と松茸って、とっても相性いいんですよね(^^)

七時間煮込んだ牛たんスープ
牛若丸
体中に染みわたる牛だしスープ。
なんて、おいしいんでしょう。
牛になっても本望です(笑)

牛若丸
牛たんもやわらかい!!

無農薬レモンハイ
牛若丸
3杯目は無農薬のレモンを使ったレモンハイ。
お野菜にこだわっている牛若丸だから、レモンも当然こだわっています。
おいしいレモンなのでとがった酸味がありません。
飲みやすいレモンハイです。危険です(笑)

文明開化の味がする味噌牛鍋
牛若丸
牛若丸自慢の味噌牛鍋は、文明開化の明治時代食べられていた味噌仕立てです。

牛若丸
お肉も厚切り!!

牛若丸
お店の方がテーブルで作ってくれます。

牛若丸
半生状態で

牛若丸
千葉の王卵をつけていただきます。

今、心臓止まっても悔いなし(笑)

西京味噌をベースとした割り下は、砂糖や味醂を使った甘さとは違う、まろやかな甘さ。
牛肉の甘さを残したままの厚切り肉。
噛みしめるたび口の中に広がる肉汁、それを包む卵。

頭の中で牛と卵が手をつないでマイムマイム踊ってしまいましたよ<おい

世の中には、私の知らないおいしいものが、まだまだたくさんあるのね~~。

喉越しの良い越後のへぎそば
牛若丸

牛若丸
艶々ときれいなおそば。
おいしいのだけど、今までが今までなので、普通に感じてしまう。
かわいそうなへぎそば(^^;;

ほろ苦い白い珈琲プリン
牛若丸
最後の最後に、また驚きました。

牛若丸
こんな真っ白いのに珈琲の味がするんです!!
不思議!!
なぜ?
マジックのようなプリン。

牛若丸
ハチミツをかけていただいたのですが、かけなくても十分おいしいです。
珈琲の味を楽しもうと思ったらハチミツはかけないほうがいいかもね。

最後の最後まで驚きのお料理の数々でした。

牛若丸
地下鉄日本橋駅のB3出口から徒歩3分ほど。
海鮮丼のつじ半の行列を横目に見ながら歩きます(笑)

牛若丸
白を基調とした店内は、明るくて清潔感があって居心地が良かったです(^^)
年齢も性別も違う10人くらいのグループが、同じコースをいただいてました。
職場で何か良いことでもあったのでしょうか?
みなさん笑顔でお料理とお酒を楽しんでいましたよ。
利用される方も大人のたしなみがわかっている方が多いようで、居酒屋のような喧騒がなくていいですね。
贅沢な時間を過ごすことができました。
また、明日から頑張れます(笑)
元気もらいました♪

ほぼ4に近いのだけど、予約を取るまでが大変だったので-0.1。
常に留守電状態なので、ネット予約できたらいいのに…と思います。

牛若丸 八重洲本店すき焼き / 東京駅日本橋駅京橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6183-0b1bcadc
該当の記事は見つかりませんでした。