さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪海鮮丼マニアさとちんのブログです。 ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
beauty

日本初上陸!スイスコスメ ZOÉ of switzerland

ZOE
日本初上陸のスイスコスメ・ZOÉ of switzerland のローンチパーティー『スイスからコスメの秘密、贈ります』へご招待いただきました♪
ZOÉof Switzerlandは、Mibelle Biochemistry社が、日本市場向けに開発したスキンケアブランドです。
写真の3名の女性、何歳だと思いますか?
答えはブログの途中に(^^)

ZOE
会場は六本木けやき坂にあるCROSS TOKYO

ZOE
ZOÉ of switzerlandのコスメは、今、ヨーロッパで話題のリンゴ果実培養細胞(エキスフィトセルティック マルス ドメスティカ PCT-MD)が配合されています。

ZOE

今回発売されるのは4種類。
DAY CREAM ~デイクリーム~ (クリーム) 30ml 2,400円(税別)
EXTRA RICH CREAM ~エクストラリッチクリーム~ (保湿 クリーム) 50ml 2,800円(税別)
SERUM ~セラム~(夜用 美容液) 30ml 2,800円(税別)
EYE CREAM ~アイクリーム~(目元・口元 美容液) 15ml 2,400円(税別)
どれも3,000円以下と嬉しいお値段。
毎日たっぷり使えそうですよね。

ZOE
お肌の幹細胞は、肌の奥の基底膜の上で分裂を繰り返し、幹細胞の数を増加させることで新しい肌が生まれます。 新しい細胞が作り出されることで肌は常に生まれ変わり続けることができるので、 幹細胞を元気にすることが美しく若々しい肌をつくることになるのです。
リンゴ果実培養細胞(フィトセルティック マルス ドメスティカ PCT-MD)は、幹細胞に栄養を与え、皮膚細胞を活性化させる働きがあります。
ZOÉ of switzerlandのコスメには、そんなリンゴ果実培養細胞が配合されているので、アンチエイジング効果が期待できます。
もっと詳しく知りたい方は動画をどうぞ♪

パーティー会場でも流れていた動画です。

パーティーに登場したZOÉアンバサダーのみなさん。
ZOE
夏の先行モニターに参加された方たちで「美肌マニア」という名称で活動中なのですが、3人とも40代なんですって。
ビックリです!!

ZOE
ビューティーライフプランニングの金丸千枝美さんによるトークショーもあり、いろいろ勉強になりました。

CROSS TOKYOはお料理がおいしいことでも有名♪
ZOE

ブッフェスタイルでお料理をいただきました。
ZOE

ZOE

ZOE
女性が多いとお料理の争奪戦が危惧されますが(^^;
次々とお料理が補充されるので、お腹いっぱい食べてしまいました。
写真にはありませんがパエリアやジェノベーゼも、とっても美味しかったです(^^)

ZOE

ZOE
こちらのエスプレッソも、とっても美味しかった!!
インスタント?
目の前でポーションをセットすると、すぐに熱いエスプレッソがカップに注がれるんです。
Mibelle Biochemistry社はコスメ以外に食品も販売しているそうで、こちらもMibelle Biochemistry社の製品です。
ぜひ、日本でも販売してもらいたいわ!!

パーティーの帰りには、M-INDUSTRYの代表取締役デヴィッド・チョーク様がわざわざ手渡しでお土産をくださいました!!
ZOE

ZOE
デイクリームとエクストラリッチクリームです。

ZOE
会場でもタッチ&トライで使用させていただいたのですが、香りがとっても良いのです。
これからお肌の乾燥に悩まされる季節。
ひと足お先に、しっかりお手入れしようと思います。

発売は11月1日

http://zoeofswitzerland.jp
ソフトオープン中 11月1日発売をめどにコンテンツ改訂中です。

日本での輸入販売:
M-INDUTURY Japan 株式会社公式サイト http://www.mindustry.co.jp
M-INDUTURY Japan Facebook https://www.facebook.com/MINDUSTRYJapan

#スイス #スイスコスメ #MINDUSTRY #CROSSTOKYO #ZOE #リンゴ幹細胞コスメ #エムインダストリージャパン #ZOÉ
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6171-effff219
該当の記事は見つかりませんでした。