さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
グルメ プレミアム

ミシュラン三ツ星レストランでリュクスなアジアンフレンチを@六本木 ジャンジョルジュ

ジャンジョルジュ
子育てもひと段落し、昨年から少し贅沢をさせていただいてます(^^)
今回はちょっと奮発♪
昨年六本木にオープンしたJean-George Tokyo(ジャンジョルジュトウキョウ)に出かけてきました。

2005年以降連続でミシュラン三つ星を獲得しているジャン-ジョルジュ・ヴォンゲリスティンの最高級レストランで、日本一号店は昨年3月けやき坂にオープン。
既に昨年末にこちらのお店もミシュラン一つ星をいただいています。

六本木の一等地にありながら34席しかない贅沢な空間。
お友達がとっても苦労して席をリザーブしてくれました。
感謝です!!

6月末からスタートしたお好みの3皿とデザートが選べるPrix Fixe Menu Choice of 3 Dishesをいただきました。
ワインはボトルで10,000円からなので、いろんなワインが楽しみたいと思い、ソムリエがお料理に合わせてワインを選んでくれるワイン・ベアリングをお願いしました。

メロンとキューカンバーのガスパチョ フレッシュベリー
ジャンジョルジュ
冷たい前菜
キューカンバー…胡瓜のガスパチョです。

ジャンジョルジュ
フレッシュベリーとバジルをカップの中に入れ、一緒にいただきます。

エッグ・キャビア
ジャンジョルジュ
JGのシグネチャーメニューです。
コースの中には入っていませんが、+4,000円で3つのキャビアを使ったメニューから1品いただくことができます。
他のメニューは
レモンジュレ, キャビアとクレームフレッシュ
エッグトースト、キャビアとハーブ

ジャンジョルジュ
上質のトリュフがたっぷり使われています。
このスプーン1杯でおいくらなのかしら・・・なんて下世話なことを考えてしまいます(^^;

Billecart-SalmonBrutReserve
ジャンジョルジュ
ビルカール・サルモン ブリュット・レゼルヴ
エッグ・キャビアは爽やかなシャンパーニュと一緒に。

真鯛のカルパッチョ グリーンチリ、ピスタチオとミント
ジャンジョルジュ
前菜はさっぱりとしたものをいただきたかったので冷前菜から真鯛のカルパッチョを。
他の冷前菜メニューは
完熟トマトサラダ ハーブとサマーフルーツ
本マグロのヌードル, アボカド ラディッシュとジンジャーマリナード
雲丹トースト ハラペーニョと柚子

お友達の本マグロのヌードルは、名前どおり細長く切ったマグロが麺のように盛り付けられていて、見た目が斬新でした。

他に温前菜もあり
フォアグラ ブリュレ 佐藤錦と柚子のコンポート
ゴートチーズフラン 有機ビーツのグレーズ ピスタチオ

ジャンジョルジュ
長崎産の真鯛に小豆島のオリーブオイルを使ったカルパッチョソース。
薄い桃色の真鯛にミントとピスタッチオのグリーンが映えますよね~。
見た目だけでなく、味も真鯛とミントってとってもあうんですね。

2008 Henri Bourgeois Sancerre le MD de Bourgeois
ジャンジョルジュ
アンリ・ブルジョワ サンセール・ル・モンダネ・ド・ブルジョワ
2008年のこちらの白ワインはソムリエのお気に入りだとか。
魚介の味をひきたてます。

メインからは2品をセレクト。

車海老と雲丹 酢橘とグリーンチリ フラワー
ジャンジョルジュ
1200円プラスですが、雲丹が食べたくてこちらを選びました。
酢橘の酸味にグリーンチリのピリリとした辛さが雲丹と海老の甘さを際立だせます。

wente morning fog chardonnay 2013
ジャンジョルジュ
ウェンテ モーニング フォグ シャルドネ 2013
魚介なので、こちらのお料理にも白ワイン。
でも、ソムリエさんはアンリ・ブルジョワ サンセール・ル・モンダネ・ド・ブルジョワが本当に好きらしく、グラスをもうひとつ用意してくださり、2種類のワインと一緒にお料理を味わうkとができました。

メインからもうひとつ。
飛騨牛のシアード サマースクワッシュ ハバネロチリバタ
ジャンジョルジュ
こちらは2500円プラス。
でも、最後はお肉が食べたくて(笑)

これが本当においしかった!!
やわらかいんです!!
そういえば以前感動したお肉も飛騨牛でした。
1日6組限定の小さな宿、奥飛騨温泉郷の平湯温泉に宿泊したときいただいた飛騨牛が、感動のおいしさだったんですよ。
柔らかくて、ジューシー。
私、飛騨牛好きなようです。
ジャンジョルジュ


表面をカリカリに焼いてから、墨で香りをつけています。
私はソースなしの方がお肉の味が楽しめて好きかな~。
パルメザンチーズをかけてから焼いているズッキーニは、ハラペーニョソースがよくあいました。
ハラペーニョを使用していますが、辛さは控えめでした。

Chateau Chasse Spleen 2008
ジャンジョルジュ
シャトー・シャス・スプリーン
辛口の赤ワイン。「神の雫」にも登場した有名なワイン。

その他のメインは
フォアグラの鉄板焼き ライチとブラックオリーブ シーズニング(+1500)
ハタ シャトーシャロンソース トマトとズッキーニ
ナッツとシードをまぶしたアイナメ スウィート&サワージュ
甘鯛の鱗焼き ユリ根 ラディッシュとセサミソース
ロブスター タルティーヌ レモングラス フェヌグリークソース (+2000)
南部鶏のパルミジャーノクロスト レモン・バジルソース ホワイトアスパラガス
花悠子豚のコンフィ 有機ビーツとジンジャー
仔鳩のスパイス焼き ナスタチウム ビネグレット (+1500)

ソルベ
ジャンジョルジュ


パイナップル、ライム、レモングラスのソルベ。
上にのっているのはラム酒の泡です、
お肉を食べたあとの、このソルベはとっても嬉しいですね。

バジル パンナコッタ サマーベリー ブルーベリーソルベ
ジャンジョルジュ
デザートはバジルのパンナコッタ。
どんな味なのかドキドキしながら口にしましたが、バジルの味は控えめ。
でも、しっかりバジルの香りはします。


ジャンジョルジュ

他のデザートメニューは
温かいチョコレートケーキ バニラアイスクリーム
サワーチェリープディング タイムソルベ ローズ
温かいラズベリーフィナンシェ トーストアーモンドソルベ

暖かいチョコレートケーキは、ジャンジョルジュで一番人気のデザートだそうです。
あとから聞きました。
残念(笑)

プチフール
ジャンジョルジュ
ゆずのセミフレット
フランボワーズのパウダーがついたお餅
ビスタッチオを使ったヌガー
西京味噌のキャラメル

お友達とおしゃべりを楽しみながら、ゆったりtした時間を過ごすことができました。
お料理はどれもハーブがきいているのですが、フレンチというより、どちらかというとエスニックっぽいと感じました。
アジアンなフレンチ♪
ワインもおいしかったけど、一品くらい日本酒とあわせてもおもしろいかも。

一階には日本の割烹をイメージしたカウンター席があり、シェフとの会話を楽しみながら食事ができます。
カウンターがあるのは日本のお店だけなんですって。
次はカウンターで食べてみたいですね。
その前にNYの本店に行ってみたいものです(^^)

ジャンジョルジュ

Jean-Georges Tokyoフレンチ / 六本木駅麻布十番駅乃木坂駅

夜総合点★★★★ 4.5


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/6095-aa980c10
該当の記事は見つかりませんでした。