Welcome to my blog

グルメ

東大で黒木純監修の極上和スイーツをいただく@廚菓子くろぎ

2 0
くろぎ
湯島の「くろぎ」と言えばミシュランで何度も☆をもらい、予約が取れないことで有名な懐石料理屋さん。
ディナーは3万円を超える名店です。
そちらのオーナーシェフ黒木純さんが、くろぎで提供している「料理屋の和菓子」を気軽にいただけるよう2014年5月に和カフェ 廚菓子くろぎをオープン。
場所は、なんと東大本郷キャンパスの中です。

廚菓子くろぎ

くろぎ

カフェの設計は東大OBでサントリー美術館や 浅草文化観光センター、スターバックスコーヒー太宰府天満宮などを手がけた隈研吾氏。
あぁ~~なるほど!というデザインですよね。
くろぎ
杉の木を使ったカフェは、大和ハウスの寄贈だそうです。
トイレは横のダイワユビキタス学術研究館で借りられます。
せっかくなのでダイワユビキタス学術研究館も、ちょこっと見学しましょう(笑)

そして、ここは是非テラス席に座りたいものです。
くろぎ

ソファに座ると目の前は森!!
ここが都心とは思えません。

くろぎ

メニューは和菓子と和菓子にあうコーヒー。
オーダーを受けてから、その場で作ってくれるのです。
「職人の手仕事」でうみだされる和菓子です。

私はあんみつをオーダー。700円。
くろぎ

器に寒天が作ってあって、その上に白玉やアイス、餡子が乗っています。
くろぎ
桜の葉っぱの塩漬けが香りをあんみつに移して、ただの白玉もとってもゴージャス。

お友達の蕨もちのセットはお弁当箱のような蓋つきの容器で。
くろぎ

京都のすぐき漬けと落雁。
くろぎ

コーヒーもたっぷり入って2,050円。
コーヒーは猿田彦珈琲。
くろぎ

こちらは葛切り。
くろぎ

2,150円のコーヒーもあります。

しばらくすると冷たいお茶と小さな小瓶を持ってきてくれました。
くろぎ

小瓶の中には金平糖。
くろぎ
口に入れ軽く噛むとほろりと崩れます。
手作業で丁寧に作られたことがわかる金平糖。

ゆったりとした時間を過ごすことができました。

モーニングコーヒーは500円。
近かったら通っちゃいそうです。

廚菓子くろぎ和菓子 / 本郷三丁目駅湯島駅水道橋駅

昼総合点★★★★ 4.0




マルゲリータ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
ここイイよね~~~♪

ケリーちゃん  

2015-06-27 23:50

鯛茶のくろぎの方はなかなか予約も取れないので私は半ばあきらめているのですが、こっちの和菓子の方は私も春先に行ってもう大好きなお店になりました。
私もわらび餅食べたんだけど、本蕨粉で作った完成度の高いわらび餅は食べていてホント幸せな気分になったよ。娘が食べた生和菓子もレベル高く、コーヒーの美味しさとあの空間と、店員さんの接客と、あの値段に見合う時間が過ごせて久々に何度もリピートしたいと思うお店でした。
もうテラス席、良い季節だろうね。行きたいなぁ・・・

EDIT  REPLY    
ケリーちゃん

さとちん  

2015-06-28 05:35

湯島の本店行きたいね~。ほんと予約が取れないよね(ーー;
一度行ったことのある人に頼むしかないかなぁ~~。
でも、ほんとここのお店もいいよね!!
最初値段の高さに驚いたけど、食べると納得。
サービスもいいし、私もここはリピートしたいお店です。
なかなか東大に行く機会もないですが(^^;
友達が見つけたのですが、隣の建物も楽しいですよ。
自動ドアの構造などがみられるようになっているの。
チェックしてみて~

EDIT  REPLY    

Leave a reply

[Donna] Designed by Akira.

Copyright © さとちんのPlatinum Days All Rights Reserved.