<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
旅行

農業って楽しい♪「快汗!猫の手 援農隊」カーネーション片付け隊

ブログスカウト様からのご招待です。
援農
全国農協観光協会様主催の快汗!猫の手援農隊に、取材を兼ねて参加してきました。

猫の手援農隊とは
全国農協観光協会が都会に住んでいる農家ではない人に、ボランティアで農作業のお手伝いをしてもらい、都市と農家の交流を深めるため平成11年に結成された活動です。

 >>快汗!猫の手援農隊
 >>全国農協観光協会
 >>全国農協観光協会 Facebookページ



今回参加させていただいたのは、様々な援農活動の中から、神奈川県秦野市のカーネーション農家のお手伝い「第4回 カーネーション片付け隊」です。

秦野市は出荷量が神奈川県で一番のカーネーションの産地で、関東だけでなく新潟まで、イオン系のスーパーを中心に出荷しています。母の日が過ぎ、次の作付けを行うためには、残っているカーネーションを引き抜き、圃場の整理をしなければいけません。夫婦2人で行うと1週間はかかるという作業を、今回お手伝いするためにやってきました。

楽しかったカーネーション片付け隊の1日を紹介します。

■ 9:20 集合
猫の手援農隊
小田急線渋沢駅に集合。
初めて降りた駅です(^^;
駅舎は丹沢の山をデザインしているのだとか。
ZARDの坂井泉水さんが高校時代渋沢にある高校に通っていたことから、駅メロは上り線『負けないで』、下り線『揺れる想い』。昨年の12月に変わったばかりです。

猫の手援農隊
駅からは、くっきりと富士山が見えていました。

暑い1日になりそうな予感・・・

駅からは車で5分ほどの秦野市農業協同組合農業団地センターに移動です。
猫の手援農隊

■ 9:30 オリエンテーション
猫の手援農隊
農作業ができる洋服に着替えたらオリエンテーション。
この日の参加者は42名でした。
うち、26名は以前もカーネーション片付け隊に参加したことのある人。
10名は他の援農活動に参加したことのある人。
リピーターの多さに驚きです。
カーネーション片付け隊は人気のボランティアで、前回抽選ではずれ、今回念願かなって参加できたという人も。

オリエンテーション終了後は、3班に分かれて、それぞれ受入れ農家さんの畑まで車で移動です。


■ 10:00 お土産用の花摘み
猫の手援農隊
私は村上さんのお宅でお世話になりました。
元気なお母さんが中心になって、息子さん、お孫さんと三世代で農業を営んでいます。

猫の手援農隊
お前はなにもにょにゃ!!

いきなり見知らぬ人間がどやどやと10人以上やってきて、猫ちゃんもビックリ。
村上さんのお宅では5匹の猫ちゃんを飼っているそうです。

猫の手援農隊
お家の向かいにカーネーションの温室があります、

猫の手援農隊
温室の中には、まだまだカーネーションがきれいに咲いています。
これから全部引き抜いてしまうので、自分で持って帰れるだけカーネーションを摘んで花束に。
両手いっぱいに抱えきれないだけカーネーションを摘んでいる人もいました。
これが楽しみで参加しているのだとか(^^)


■ 10:15 作業開始
猫の手援農隊

猫の手援農隊
カーネーションを引き抜き、根の泥を払い落としたら束ね、温室の外に持っていきます。

これが気持ちいいんです!!

スポッ!スポッ!!と、面白いようにカーネーションが抜けるんですよ。
エアクッション潰しより快感です(笑)

猫の手援農隊

猫の手援農隊
みんなで黙々とカーネーションを束ねていきます。

■ 11:00 休憩
猫の手援農隊
この日はとても良いお天気で、ハウスの中は40度以上になっていました。
用意してもらっていた冷たいお茶のおいしいこと、おいしいこと。
村上さんのお母さんを囲んで、みんなでワイワイ。

猫の手援農隊
実は落花生の生産量1位は千葉ではなく秦野。
お母さん手作りの味噌ピーナツをお茶うけにいただきました。

猫の手援農隊
高齢化が進んだ農家のお手伝いにボランティアを募集したのですが、応募してくるのに高齢者が多いのはご愛敬(^^;
リタイヤしたご夫婦で参加している人も多いのだとか。
「普通の旅行に行くより、仲間もできて楽しいのよ」と。
日本全国、いろんなところに援農で出かけているそうです。


■ 11:15 作業再開
猫の手援農隊
残りの作業の開始です。

猫の手援農隊
12時前にはここまできれいになりました。


■ 12:00 昼食
猫の手援農隊
お昼ごはんは秦野給食センターで作られたお弁当。
大きな鱒がおいしいです。
お腹が空いていた私はペロリと食べてしまいました(^^;;

お昼を食べたら山椒摘み?!
猫の手援農隊
庭に大きな山椒の木があって、たくさんの実が生っていたのです。
「好きなだけ持って行っていいよ」とお母さんが言うので、みんなで山椒摘み。

猫の手援農隊
生まれて初めて生の山椒の実を見ました。
山椒の葉も爽やかな香りで、たくさん摘んできてしまいました。


■ 13:00 午後の作業開始
猫の手援農隊
午後の作業開始後、10分ほどですべてのカーネーションを片付け終えました。

その後は、ちょっぴり地味な作業。草むしりです。
猫の手援農隊
雑草の根を切ったら、手で集めていきます。

猫の手援農隊

太陽が上に昇り、ますますハウス内は暑くなっていきます。
猫の手援農隊

頭から水をかぶりたい気分(^^;
猫の手援農隊

早めに休憩。

■ 13:50 休憩
猫の手援農隊
おやつは冷たぁ~~~~~~いスイカ!!
甘いし、冷たいし、もう~~~~~~こんなおいしいスイカ食べたことない!!ってくらい、乾いた体にしみわたるおいしさ!!

労働のあとはビールと思っていたけど、スイカもいいねぇ~~~~!!
今年初物という人も多く、「東どっち?」「東こっち」

わっはっはっはっは!!

東を向いて笑う笑う・・・
関東では、初物を食べたら東を向いて笑うと寿命が75日延びると言われているんですって。
これも知らなかった。

■ 14:05 作業再開
猫の手援農隊
すっかりきれいに片付きました!

■ 15:00 作業終了
お土産にお花の他に新玉ねぎなどをいただき、車で秦野市農業協同組合農業団地センターに戻ります。
着替えを済ませたら、センターの隣にある直売場「じばさんず」で買い物。

■ 16:00 交流会
猫の手援農隊

猫の手援農隊
本日お世話になった農家のお母さんたちが作ってくれたお料理をいただきながら茶話会。

援農


これで今日の活動はお終いです。
最後に鶴巻温泉「弘法の里湯」の利用券が参加者にプレゼントされました。

これだけ充実していて参加費は2,800円。
人気があるのも納得ですね。

私は午後、ちょっぴり暑さに負けて涼しい場所で休憩させていただきました(^^;;
無理はしなくていいんです。
自分ができることをやればいいんです。
それがボランティアですから。

猫の手援農隊
快汗!猫の手援農隊では、他にも様々な援農ツアーが行わています。

猫の手援農隊
6月は山形で2泊3日のさくらんぼ収穫援農隊が計画されており、現在参加者を募集中です。
ただし、こちらのツアーは人気があり、応募者多数で抽選になるかもしれません。


猫の手援農隊
気持ちの良い汗をかいて、収穫もたくさん!!
楽しい猫の手援農活動、みなさんも参加してみませんか?

援農
とってきた山椒の実で作った手作りちりめん山椒♪

快汗!猫の手援農隊
全国農協観光協会
全国農協観光協会 Facebookページ
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/5980-efdbd8c9
該当の記事は見つかりませんでした。