さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
山陰海岸ジオパーク女子旅2014秋

山陰海岸ジオパーク女子旅モニタツアー2014秋 3日目

山陰海岸ジオパーク女子旅モニタツアー 2014秋 3日目の行程です。
詳細は後日順次アップしていきます。

山陰海岸ジオパーク
3日目の朝は、宿泊した御宿 矢吉さんのご厚意で、間人漁港のセリを見学させていただきました。
これも偶然に偶然が重なって見学できることになったんですよ(^^)

山陰海岸ジオパーク

山陰海岸ジオパーク
通常は午後2時に行われるセリが、この日はお天気が悪かったので朝8時から始まり、見学できたんです。
間人蟹に呼ばれた?(笑)

セリの見学から戻ったら、冷えた体を温泉で温め朝食です。
山陰海岸ジオパーク
同じ山陰海岸ジオパークでも丹後は鰈ではなく鮭なんですね。
朝食を食べて元気が出たら、最終日の旅の始まりです。

山陰海岸ジオパーク
最初に出かけたのは琴引きの塩工場。
琴引浜の海水を汲んで、昔ながらの方法で混じりっ気のない塩を作っています。

今回の旅の一番の目的が、山陰海岸ジオパークでとれるおいしいお魚を、山陰海岸ジオパークのおいしい塩で食べること(^^)

目的が果たせて満足です。
(工場が前日お休みで、できたての塩で食べられなかったのだけが、ちょっと残念)

その後は、京丹後を大雨の中ドライブ。
紅葉は楽しめませんでしたが、雨の日だけあらわれる幻の滝を見ることができました。
山陰海岸ジオパーク

袖志の棚田です。
大雨ですが(^^;;;;;
山陰海岸ジオパーク

ここで山陰海岸ジオパークは終わりです。

あとは、豊岡に戻るだけなのですが、せっかくなので同じ道を戻るのはもったいないと思い伊根に向かいました。
山陰海岸ジオパーク
遊覧船から伊根の船宿を見学し、一路豊岡へ。
途中、左手に天橋立が見えて、ものすごーーーーく寄りたかったけど、時間がないので泣く泣く諦め・・・
でも、おいしい海鮮丼の看板には抗えず(爆)

山陰海岸ジオパーク
ちなみにこの海鮮丼は、すごくおいしくて、今まで食べた中でも上位に食い込むレベル。
ゆっくり味わえなかったのが残念。

その後、車が意外に多く、のろのろ運転が続き、ナビの到着時間がどんどん遅くなり、結局13時48分に豊岡到着予定が14時30分過ぎとなりました(ーー;
そのため、乗る予定だった電車には乗れず、1時間以上待って、各停で鳥取まで。
列車の時間まで豊岡駅前のデパートをフラフラしてて見つけたのが名物のばら寿司。
山陰海岸ジオパーク

これは食べなきゃダメでしょうと、電車の中でいただきました。
山陰海岸ジオパーク

鳥取駅着は18時15分。
夜行バスの時間は20時50分。
2時間で鳥取を楽しむには・・・

絶対譲れない(笑)日乃丸温泉
山陰海岸ジオパーク

大好きな温泉です。
山陰海岸ジオパーク

汗を流したら、小次郎さんで冷たいビールと、鳥取のB級グルメ素ラーメンをいただきました。<短時間に炭水化物食べ過ぎ
山陰海岸ジオパーク
うまぁ~~~い!!
やっぱり素ラーメンおいしい~~~!!
鳥取でしか食べられないのが残念~~~!!

1時間ほど食べて、飲んで、気がつけばバスの時間。

山陰海岸ジオパーク
駅のコンビニでお夜食を買って、夜行バスキャメル号へ。

キャメル号は京急バスです。
品川バスターミナル~浜松町バスターミナル~智頭福原~鳥取駅前~湖 山~倉吉バスセンター~倉吉駅前に止まります。
3列シートで席が独立しているので、隣の人を気にしないでゆっくり眠れます。
トイレもついていて、お茶、コーヒー、冷水のサービス、スリッパ、毛布もあります。
カーテンがないのが、ちょっとネックですが、かなり寝やすいシートです。
今までいろんな夜行バスを利用していますが、お値段が高いからといって寝やすいわけじゃないんですよ。
フルフラットに近いと、バスの振動が体全体に伝わって意外に熟睡できなかったり・・・

品川を21時に発つと、翌朝6時35分に鳥取駅前なので、日乃丸温泉ももう利用できますね。
はじめてキャメル号を利用しましたが、「使える!」と思いましたよ。
鳥取、品川間は10,500円です。

ちなみにぐっすり眠って疲れが残らなかったので、到着した日は、ちゃんと仕事に行けました(^^)

この日の走行距離約105km。

大きな地図で見る

ちなみに移動距離は180kmほど。

3日間、朝から晩までめいっぱい楽しんできました(^^)


山陰海岸ジオパーク


☆ ☆ ☆ 以前の旅はこちら ☆ ☆ ☆
山陰海岸ジオパーク女子旅モニター

山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー夏

山陰海岸ジオパーク女子旅モニター
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/5706-d493ef98
該当の記事は見つかりませんでした。