さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
モニター&イベント

売っているのはコーヒーではなく安らぎ♪ローソン MACHI cafe

LAWSON
LAWSONのチャレンジ精神が好きです(笑)
日本全国の名産を色々楽しめるお弁当や、ふわふわ玉子の親子丼、まるでパティシエが作ったようなスイーツの数々。
他のコンビニとはちょっと違うメニュー目当てに、特に用が無くてもフラリと入ってしまいます。
唯一あまり利用していなかったのがコーヒー。
コンビニコーヒーは手軽でおいしく、最近よく利用しています。
でも、ローソンのコーヒーは店員さんが淹れてくれるので、その時間が勿体ないと感じていたんです。
多分、私以外にもそう感じている人は多いはず(^^;

今回、ローソンアンバサダーに選んでいただき、アンバサダーイベント第1弾「MACHI caféマチカフェコーヒーの秘密」に参加して、ローソンのコーヒーに対するこだわりを学ぶことができ、なぜ店員さんが入れているのかという疑問も解決しました。

● ローソンが目指しているのは、コンビニではなくカフェ。
今までは便利さ・効率性重視のモノ消費でしたが、これからは体験重視のコト消費に変わっていく・・・というのがローソンの予想。確かにどんどんと高齢化していき、2020年には50歳の国になると言われています。人と人の関係が希薄になっていっている今、単にコーヒーを買うのではなく、自分のために淹れてくれたコーヒーを飲むというのは、些細なことだけど嬉しいことかもね。
自分でボタンを押して買うコーヒーよりも、イケメン(おい!)が淹れてニッコリ手渡してくれたら嬉しい。
何度も通ううちに「今、お帰りですか?お疲れ様です」なんて言ってもらったら・・・、疲れも吹き飛んじゃうわ。
MACHIcafeでは常連さんを作りたいのだそうです。

そのためには、高品質のコーヒーと、心のこもった接客が必要です。

● コーヒーに魔法をかけることができるファンタジスタ店員
ローソン
今、ローソンにはファンタジスタと呼ばれる店員さんがいるのを知ってました?
私は知りませんでした(^^;
金色の勲章が刺繍された黒いエプロンを着ているのが、ファンタジスタ店員です。
合格率が約16%ほどの難しい試験に合格した人だけがファンタジスタを名乗ることができます。
全国で2500人ほどいるそうですよ。
近所のローソンを探してみましたが、私はいまだファンタジスタ店員に出会えていません(^^;
ファンタジスタ店員の淹れるコーヒー飲んでみたぁ~~い。

● こだわりのコーヒー豆
おいしいコーヒーのため、当然豆にこだわっています。
・農園、生産地100%指定
ローソン

・レインフォレスト・アライアント認証
ローソン

・イパネマ農園オーダーメイド
ローソン

厳しい品質管理を経て日本に届いたコーヒー豆は、個別に焙煎され、豆の個性を引き出した後でブレンドされます。普通は豆をブレンドしてから焙煎するのですが、それでは豆にあった焙煎ができないので、アフターミックス法という、焙煎してからブレンドする方法をとられているのです。

たかだかコンビニコーヒーと思っていましたが、ここまで手間ひまかかっていたんですねー。

● コーヒーの味をダイレクトに体験するカッピング
LAWSON
コーヒー豆について学んだあとは、コーヒーの味をダイレクトに感じることができるカッピングについて学びました。実際にローソンの高橋さんに目の前でカッピングを見させていただいたのですが・・・

できねーーーー!!(^^;
あれはできねーーーー!!
プロだ!!プロのわざだ!!

口に含む瞬間に歯(?)唇(?)で「ズズッ!」っと瞬間に霧状にして吸い込むのです。

コーヒーの甘味や酸味、苦味、あとに続く余韻などを客観的に判断し、味や香り、 品質の良し悪しを決めるのですが、やはりプロは違います。

で、私たちもなんちゃってカッピング体験をさせていただきました。

LAWSON
品種、精選方法、グレード、焙煎方法、産地、それぞれ2種類ずつ飲み比べをさせていただきました。

ハッキリと違いのわかるものもあれば、僅かに違うだけのもの、好みでわかれそうなものなどなど、コーヒーの味の違いを楽しみました。貴重な体験でした。

● ラテへのこだわり
LAWSON
cafeですから。
コーヒーだけじゃなくカフェラテ用のミルクにもこだわっています。
牛乳は冷たいまま保存。フォームドミルクを作るには冷たい牛乳の方がベストなのですよ。
コーヒーマシンにもローソンのこだわりがあるのです。

● MACHIcafe体験
LAWSON
お待ちかねのMACHIcafe体験♪
玉子とハムのサンドイッチとフルーツサンドです。

LAWSON
味はいうまでもないのですが(当然おいしい)、このパンに挟むって方法はいいわね!!
具をたっぷり挟めるし、パンを切る手間がいらない。
これは家でも真似してみよう~。

LAWSON
フルーツサンドはキウイ、苺、パイン、そしてメロン!!贅沢。
生クリームだけでなくカスタードクリームも挟んであって、本当にデザートのようなサンドイッチ。

LAWSON
カフェラテがまたサンドイッチの味を引き立てるのです。

MACHIcafeには他にも焼き菓子などもあって、お土産でいただいてきました。

LAWSON

長くなったので、こちらはまた別記事で紹介しますね♪

ローソンアンバサダー VOICE
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/5445-5bce3a00
該当の記事は見つかりませんでした。