さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
TV

原作我慢したかいがあった(笑) 『半沢直樹』最終回

半沢直樹
今クール最大の話題作。

『半沢直樹』

毎回続きが気になって原作に手を伸ばしそうになりましたが
我慢したかいがありました。

あの最後は衝撃でした!!(笑)

ここ暫くあんな驚くことはなかったです。

大体、毎回仕返しが成功してスカッと終るのが『半沢直樹』で
最終回もスカッと終るんだろうな~~と思っていたので
ま~~さ~~か~~の終り方。

最近これといった刺激も無く
想定内の出来事ばかりで
ゆる~~い刺激ばかりだった私の脳に

ガツン!!と強力な一撃でした。

続きを狙っているあざとい終り方など批判もあるようですが
そーゆーTV業界のどろどろは置いといて

昨日のラストで私の脳は5歳若返った気がします!!

もう、ゾクゾクしちゃいました!!(笑)

この衝撃は事前に原作読んでいたら味わえなかった。

これから原作読んで気になる部分を補完します(^^)

私的に昨日の一番の見せ場は
香川照之の土下座シーンだと思っています。

あの屈辱に打ち震えながら土下座する香川照之。

まさしく魅せる演技。

『半沢直樹』がここまで視聴率を稼げたのは
演技のうまい役者さんが揃っていたせいもあるんじゃないかなぁ~。

いやぁ~3ヶ月間楽しませていただきました(^^)




関連記事

2 Comments

ケリーちゃん says..."原作私も読んでないけど"
大和田ちゃんに土下座させてた時、頭取の半沢を見る目が「こいつはヤヴァイ」って目だったので、最後の辞令は大どんでん返しくるかもねと思っていました。
頭取室に行く道すがらの映像で娘が「部長じゃなくて重役かも??」とワクワクしているところに「出向だよ多分」と言ったら、まるで人でなしかアフォのように言われたので、実際「セントラル證券・・・」と頭取が行ったとき我が家はどよめいていた。
サラリーマンが誰しも一度は「こうでありたい」って思う姿勢を貫いた半沢だったからそのままドリーム実現の雰囲気で終わるかもとも思っていたけど、最後は現実だったな、って。
私は香川さんの「やれるもんならやってみな♪」が好きでした。
歌舞伎を齧ったからこそのあの軽妙ででありながら憎々しい感じ。良かったわ~~
家政婦のミタなんかより何十倍も面白かったな。
2013.09.23 12:04 | URL | #Re0/EcyY [edit]
さとちん says...">ケリーちゃん"
我が家は旦那が半沢嫌いで
私が見だすと横でヘッドフォンつけて音楽聞きだすような人なの(--;
昨日のあの衝撃も誰もわかってくれなくて悲しかったーー(笑)

出る釘は打たれる・・・まぁ、どこの世界でもあるよね。

しかし、本当に演技派が多くて見応えのあるドラマでした。
最後の半沢の顔がどんどん歪んでいくところとか。

「凄い!!」と。

確かにあざといかもしれないけど
あんな顔で終られたら次を見なきゃと思っちゃう。
そして社会に出て働いたことのある人なら
あの出向も頷けちゃうし
その背景をいろいろ想像できるから
まだ暫く反芻しながら楽しめそうです(笑)
2013.09.23 14:17 | URL | #nlnTgiQk [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/4922-26234ca2
該当の記事は見つかりませんでした。