さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
越中・岐阜

民話の世界のような小さな世界遺産・相倉合掌集落

世界遺産・菅沼合掌造り集落
1995年12月9日にユネスコの世界遺産に登録された
白川郷・五箇山の合掌造り集落に出かけてきました。

本当は白川郷だけ見学の予定でしたが
せっかくなので富山県の五箇山まで足を延ばし
相倉合掌集落→菅沼合掌集落→白川郷合掌集落とまわったのですが
この順番はベストでした。

まずは相倉合掌集落。

ここは戸数8戸の小さな小さな世界遺産なのです。

山の中にひっそりとある小さな集落は
まるで民話の世界がそのまま目の前に現れたようです。

世界遺産・菅沼合掌造り集落
この鍋からわかるように
作り物ではないのです(^^;

本当にここで生活しているんです。

小さな場所なので観光客の数も
そんなに多くありません。

観光客の数が少ないということは・・・

写真撮り放題なのです。

越中飛騨

世界遺産・菅沼合掌造り集落

人が写りこまないんです!<重要(笑)

そしてこの集落の
田んぼやあぜ道がまた
なんとも郷愁を感じるんです。

世界遺産・菅沼合掌造り集落


越中飛騨
この神社もなにやら雰囲気ありますよね(^^)

世界遺産
火災が一番怖いので
いたるところに消火栓があるのですが
これまたレトロで
思わず写真撮っちゃう(笑)

世界遺産・菅沼合掌造り集落

この水は思わず買ってしまいました(--;

ソソラレマス・・・

世界遺産・菅沼合掌造り集落
ちょっと不似合いな面白いものが(笑)

天狗がヤノクラ(相倉集落の上にある地名)からこの岩へ跨いだ時に付けた足跡とのことですが
天狗といえば一本刃のゲタだとばかり思っていました。
ゲタを脱いで裸足で飛んでいたんですかね?


静かな集落は世界遺産の合掌造り見学のスタートに
ぴったりの場所でした。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/4836-daea6b46
該当の記事は見つかりませんでした。