さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
グルメ 飲み会

荻窪の超越人気店で京都丹後グルメを満喫♪

もつ吉
予約が取れない超絶人気店『もつ吉』
京都丹後の鮮魚、お肉、お酒を堪能してきました!!

『もつ吉』という名前から
もつ鍋を予想していたのですが
京風もつ鍋は冬のメニューだそうです。
でも、ここのオススメはもつ鍋だけじゃないんですよ。
京都の味を堪能してきましたよぉ~。

いただいたのは4,000円のコース。
大事な事なので2回言います。
4,000円で!
千円札4枚で!!
このお料理が味わえます。

まずはお通しの茶碗蒸し。
もつ吉

このぷるぷる感♪
もつ吉
余計なものは入っていません。
卵を良質のお出汁の餡でいただきます。
ほんのり香る柚子が茶碗蒸しを繊細で上品なお料理にしています。

1杯目は黒エビス♪

そして
やってきました!!
京都丹後半島から毎朝届く鮮魚のお刺身!!
これを琴引きの塩でいただくのです。

もつ吉
この日のお刺身は
いか、鱸、ハマチ

京都丹後半島で水揚げされる鮮魚は
ほとんどが祇園にまわされるので
市場には出回らない希少な天然モノなのです。
これを独自のルートで(笑)
漁港から8時間で荻窪に届けてもらっているのですよ。

もう~~プリップリで泣けてきちゃうおいしさ。

お刺身の味をさらに引き立てているのが調味料。

もつ吉 まずは京都丹後 長寿商店の坂長さしみ醤油。
 山陰海岸ジオパークを旅したときにわかったんだけど
 山陰地方のお醤油ってあまいのよね。
 ちょっと私は苦手・・・と感じたんだけど
 この坂長さしみ醤油は別。
 ほんのりとしたあまさ
 とろりとしたお醤油がお刺身にまったり絡んで
 うまぁ~~い!!
 関東にはないお醤油。


そして、この写真右手間の琴引の塩!!
もつ吉

天然記念物にもなっている京都・琴引浜の海水から作られた希少な塩です。
透明度が高くて不純物が少ない海水。
なによりもその海で泳いでいた魚を食べるんですから
一番あう調味料なわけですよ。

ちょこっと先に塩をつけて口に入れると
お醤油で食べたときには気づかなかった
魚のあまみが口の中に広がるのです!!

これは悶絶モノのおいしさ!!

この舟盛りは3人前です。

あ、こんもり盛り付けてある九条葱は飾りじゃありません!
もりもり食べました。

次ぎはおばんざい3点のうちに最初の1点。

丹波黒鶏を西京味噌につけてから蒸し
ルッコラとあえた一品。
京人参の鮮やかなオレンジのドレッシングが
見た目も華やかで
食欲をそそります(笑)
もつ吉

2点目。
もつ吉
ちりめん山椒の玉子焼き。
もつ吉
ちりめん山椒を玉子焼きに使うという発想はなかったわ。

3点目。
京都の大根と手羽の煮付け。
もつ吉

さて、ここで黒エビスも飲み終えたので2杯目。

2杯目は・・・

世界一和食にあうと言われている丹波ワイナリーのアッサンブラージュ(白)!!
もつ吉
創業は1979年。
故黒井哲夫氏が海外ホームワインを日本に持って帰ると
なぜか海外で飲んだほどおいしく感じない。
その理由が匂い、温度、湿度、さらにその土地の食文化にあると気づき
京都の食文化にあうワインを私財を投じて作り始めたのだそうです。

うわぁ~。おいしさを追求する情熱見習いたい。<まて

日本酒を造っていた蔵を借り
農園で葡萄を育て
丹波ワインができたんですよ。

あまり熟成させず、すっきりした飲み口は
本当に繊細な和食にぴったりです!!

ホームページ見たけど、
そんな高くないの!!
こんな値段でいいの?って驚くくらい。⇒丹波ワインショッピングページ

ワインは値段じゃないのねぇ~。シミジミ


さてさて、
お料理はまだまだ続きます。
宮澤ちくわの磯辺揚げ
もつ吉
ちくわも名産なのだそうです。

見た目もきれいなこちらは
もつ吉
京丹波黒地鶏の自家製ハム
西京みそと柚子胡椒のソ-ス

もつ吉
しっとりやわらかい鶏ハム。
表面がジューシー。
食べてもジューシー。

そしてドドーン!と登場したのが
もつ吉
京都ポーク炭火焼ステーキ
九条葱、琴引きの塩、広島レモン、黒七味添え

京都ぽーくって知ってました?
これまた希少なブランド豚なのですよ。

ホームページを見たら
ランドレース種と大ヨークシャー種を交配した雌豚に、
肉質が優れたデュロック種の雄豚を交配して作られた三元交雑種

と説明が載っていました。

流通量は月間わずか200頭。
別名『究極の霜降り豚』
牛肉に負けない甘さとやわらかさ!!

もつ吉
脂があまぁ~~い!!

あまいのにさっぱりしてる~~~。

もつ吉
店長さんオススメのアッサンブラージュ(赤)と一緒に。

これまた豚の脂のあまさが引き立つワインです。

感激!感動!感涙!の食事も
そろそろ〆です。
もつ吉
なめろうご飯

もつ吉
地鶏のスープ


ここまで美味しかったんですから
ご飯とスープもまずいわけがない!!

最後のデザートまで驚かせてくれます。
もつ吉
自家製柚子アイス

柚子を使っているのに
たっぷりの生クリームが
柚子の酸味をおさえ
クリーミーで濃厚な
今まで食べたことのない柚子アイスになっています。


いやぁ~もう大満足!!
これで4,000円は絶対安い!!

ワインはグラスで580円。

これだけのお料理を食べさせてくれるのに
バカ高くない!!

これは予約が取れないわけですよ(--;

うぅぅ・・・また食べに行きたい。

住所:東京都杉並区上荻1-10-4 
アクセス:荻窪駅より徒歩3分
電話番号:03-3392-8606
ぐるなび  http://r.gnavi.co.jp/gabm701/
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/4673-802cbdbe
該当の記事は見つかりませんでした。