さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪海鮮丼マニアさとちんのブログです。 ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
山陰海岸ジオパーク女子旅2012秋

時間を忘れて網代港散策

山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー2日目

浦富海岸島めぐり遊覧船に乗り
あじろやで海鮮丼を食べ
さぁ、次の目的地岩井温泉に!と思ったのですが
バスの時間まで1時間ありました。

じゃぁ、おとなしく座ってバスを待って・・・・・・いるワケがない!

じっとしていられない
友人から「あんたは止まると死んじゃう回遊魚か?!」と賞賛される<違
B型の私。

バスの時間まで近くを散策にでかけました。
神がかりなほどの方向音痴なのに。

幸い(?)雨もあがっていたのですよ。
浦富海岸

遊覧船乗場から網代港に向かう沓井大橋は
通るとセンサーが感知してメロディが流れるのです。
浦富海岸
流れる曲のなかで「一寸法師」と「はなさかじじい」は
岩美町出身の作曲家 田村虎蔵先生が作ったものなのですよ。
田村虎蔵先生が作った曲には
他にも白兎神社で流れていた「大こくさま」
「きんたろう」「したきりすずめ」などなど
誰もが聞いたことのある歌が多いのです。

神楽坂の筑土八幡神社境内に
田村虎蔵顕彰碑があるとのことなので
今度神楽坂に行く事があったら
探してみたいと思います。

浦富海岸

浦富海岸
私も日本海側の漁港の側で育ったのですが
秋田の漁港とは全然雰囲気が違うんですよね。

浦富海岸
それがこの瓦屋根。
秋田では雪の重みに瓦屋根は耐えられないからと
トタン屋根なんです。

だから延々と続く瓦屋根が新鮮で
ずんずん歩いて行っちゃいました。

途中こんなお店も(笑)
浦富海岸
いったい何のお店なんだろうぉ~。

そしてずんずん歩いていってたどり着いたのがここ。
山陰海岸ジオパーク女子旅モニター

ここってさっき遊覧船の上から見たここだ↓多分
浦富海岸
この真ん中の高い山だ!!多分

山陰海岸ジオパーク女子旅モニター
道もある!!


というわけで気がついたら登ってましたよ。

えっちらおっちら(死語)階段を登っていくと
途中で視界が開け
こんな風景が広がりました。
山陰海岸ジオパーク女子旅モニター
この写真の右手に
さらに遊歩道が続き
左手には上に登る道がありました。

迷わず
「上でしょ!」と
更なる高みを目指しました(違)

こっからはほとんど獣道(^^;

まわりの木に捕まりながら登って行きます。

必死に登った先で目にしたのは

目にしたのは・・・

そこら中に生えている木。

手が入ってないのよね。
まぁ、ここまでの道のりを考えると想像がつくけど・・・(^^;


ギリギリまで先頭に行って撮った写真。
浦富海岸
あ、さっき見た白粉の絶壁だ。多分。

(勝手に)期待した270度の絶景とは違ったけど
頂上まで登れて満足です。

ちなみに下りは
登るときより更に過酷でした。
お尻でずるずる滑りながら降りてきました。

11月末だというのに
すっかり汗だくです。

ま、次の目的地は岩井温泉だからいっかーと
バス停に戻ったのは
バスの出発時間の2分後でした。チャンチャン

山陰海岸ジオパーク女子旅モニター
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/4412-fa67383f
該当の記事は見つかりませんでした。