<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
山陰海岸ジオパーク女子旅2012秋

城崎温泉7つの外湯で七福いただきます。

道の駅 あまるべで電車の写真を撮ったり
香住で海鮮丼が食べられる場所を探したりしていたら
一泊目の宿 城崎温泉に着くのが2時間も遅くなりました(^^;
3時に到着予定が5時過ぎ。
すっかり日も暮れてしまい
こんな写真しかありません。
すいません。
城崎温泉
でも、城崎温泉は浴衣の似合う正統派の温泉街でした。

射的やスマートボールが似合う街です。

城崎温泉

城崎温泉


城崎温泉では7つの外湯めぐりができます。

温泉の効能がおもしろいんですよ。
打ち身?肩こり?冷え性?

もちろん、そういう効能もありますが
温泉ごとに開運の湯、美人の湯、子宝の湯・・・と福徳があるのです(^^)

7という数字が七福神を連想させますよね。

七福神フリークの私としては
これはコンプリートしなければいけません!

城崎温泉

最初に向かったのは「まんだらの湯」
一生一願の湯と言われています。
商売繁盛、五穀豊穣に御利益があるとか。

難病の人たちを救うため道智上人が、
鎮守四所大明神に祈願をし湧き出た温泉と言われています。
詳しくはこちら⇒まんだらの湯


ここが城崎温泉で一番最初に入った温泉だったからかもしれませんが
とにかく気持ちよかった!!
ず~っと運転しっぱなしで筋肉がカチンコチンだったのですよ。
その筋肉にじわ~~としみこんで弛緩させていくのです。

実際には体の中にお湯は入ってこないけど(笑)

そのくらい気持ち良かったーー。

お湯がやわらかいのですよ。

私は温泉についての知識がないので
感じたままを書いているんですけどね(^^;

お風呂好きの私がここ数年感じた事のない快感。

羊水ってこんな感じ?ってくらい
そのまま温泉に溶けていきたいくらいのお湯でした。

一旦宿に戻って夕ご飯を食べたあとは
駅の前にある
城崎温泉
さとの湯。

ここはお風呂の種類が豊富!
屋上の露天風呂で月を眺めながら入るのが最高♪
流星群の観察もお風呂に入りながらなら
寒くなくて良さそうだよね。

そして私が一番感動したのはペンギンサウナ!!

これ、近所にも欲しい!!

水風呂は心臓に負担がかかるんだもん。

さとの湯は、ふれあいの湯と言われています。

3軒目は地蔵の湯
城崎温泉
入り口にお地蔵さんがいます。
家内安全の御利益があるのよ~。

お風呂は地味だけど
その分空いていて
ゆっくり温泉を楽しめました。

城崎温泉
玄関を入ったところにある休憩室♪

4軒目は城崎温泉で一番古い鴻の湯。
城崎温泉
城崎温泉の端っこにあるので
温泉に着く頃には
体が適度に冷えているの。
じんわり温めてくれる温泉でした。

夫婦円満・不老長寿、しあわせを招く湯です。

5軒目、実はこれで最後になってしまった御所の湯。
城崎温泉
美人の湯です(^^)

露天風呂ではライトアップされた紅葉を観ながら温泉を楽しむ事が出来ます。

温泉街の中心にあるので賑わっています。


さてさて
実は残念ながら
今回7つの外湯をコンプリートできなかったんです(;_;)

城崎温泉

開運招福の湯 一の湯は
泊まった宿の目の前。

だから最後でいいやぁ~と
閉館時間ギリギリに出かけたら
湯当たりした人がいたのか
救急車が来ていて
温泉入れませんでした(;;)

城崎温泉
横にある足湯は利用できたので
開運招福の御利益少しはもらえたかなぁ?


城崎温泉
柳湯さんは木曜日定休でした。
子宝の湯です。


あぁ~~悔しい!!
本当に悔しい!!

でも、これは再チャレンジしろって事だと思うの。

城崎温泉は弾丸旅行ではなく
1日かけて
のんびりまわるのがいいと思いますです。はい。<それ普通

城崎温泉では上がるときのかけ湯がいらないのです。
普通温泉を洗い流してからあがりますよね。
それだけ肌にやさしい泉質なんです。
だからいつまでも体がポカポカでした。

城崎温泉
城崎温泉には「ゆめぱ」というシステムがあります。
このバーコードをかざすと7つの外湯めぐりがタダになるだけでなく
飲食店やおみやげ物屋さんでツケがきくのです。
宿泊先の旅館でチェックアウト時に一緒に精算できるんですよ。
つーまーりー
外湯めぐりのとき財布を持たずに歩ける優れものなのです!!

これってすんごい嬉しいサービスですよね。

やっぱり、もう一度来たぁ~~~い!!

山陰海岸ジオパーク女子旅モニター
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/4368-ca56fcf7
該当の記事は見つかりませんでした。