さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU

『100円のコーラを1000円で売る方法』

100円のコーラ1,000円で売る方法
南栗橋に行くまでの間に読んだ本。
つまり2時間もあれば読み終えます。

そのわりに得るものは多いです。

難しいマーケティングノウハウ本の用に思えるけど
中身は「もしも野球部のマネージャーがドラッカーのマネージメントを読んだら」のように
たまプラ在住のアラサー女性が主人公の物語なので

あっ!!

という間に読めて
マーケティングの基本がとりあえず理解できます。

キシリトールガムがこんなに売れた理由は?
「歯医者さんが推奨するキシリトールガム」<この宣伝文句に惹かれた人も多いはず。
じゃぁ、なぜ歯医者さんは自分が廃業しちゃうかもしれない虫歯にならないキシリトールガムを推奨するの?

それはですね・・・予防歯科に力を入れるようにしたからなのですよ。

今までは虫歯が出来たら歯医者に行くものでしたが
予防歯科を推奨することで
10人のうち虫歯の1人が歯医者に通っていたのを
虫歯予防のために虫歯の無い9人が歯医者に通うようになるのです。

これなら歯医者さんも推奨するわけですよね。


面白いでしょ?


むかし、営業もしてた頃
クライアントをいかに満足させるか
クライアントの望む事は何かを考えていましたが
それじゃダメだったんですよ。

クライアントが100望んでいることに
100答えると
それは100-100で0点になってしまうのです。

クライアントの100の望みに200答えないと100点にはならないのです。
その200の答えは決してクライアントの言いなりになることではないのです。

じゃぁ、200の提案のしかたって?

ふふふ・・・・答えはこの本にあるのよ。

1.アメリカの鉄道会社はなぜ衰退したのか?
  事業の定義

2.「お客さんのいいなりの商品」は売れない?
  顧客絶対主義の落とし穴

3.顧客の要望に100%応えても0点
  顧客満足のメカニズム

4.値引きの作戦
  マーケットチャレンジャーとマーケットリーダーの戦略

5.キシリトールガムがヒットした理由
  バリュープロポジションとブルーオーシャン戦略

6.スキンケア商品を売り込まないエステサロン
  競争優位に立つためのポジショニング

7.商品を自社で売る必要は無い
  チャネル戦略とWinWinの実践

8.100円のコーラを1,000円で売る方法
  値引きの怖さとバリューセリング

9.なぜ省エネルックは失敗してクールビズは成功したのか
  コミュニケーションの戦略一貫性

10.新製品は必ず売れない?
  イノベーター理論とキャズム理論



私の読んだ本のカテゴリー
「知らなくても生きていけるけど、知ると人生が楽しくなる1冊」に追加です(笑)


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/4289-945cef61
該当の記事は見つかりませんでした。