さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
グルメ

じゅんさいの館でじゅんさい蕎麦食べてみた。

蕎麦
子どもの頃は
そんな得意じゃなかったじゅんさい。

最近、やっとじゅんさいの美味しさがわかるようになりましたよ。
夏場つめたく冷やして三杯酢で食べるも良し
お吸い物に入れるも良し
鍋にもいい。

ぷるぷるの食感がたまらないのですよ。


が、
今回の目的は蕎麦。

石川蕎麦とか
鶴形蕎麦とか呼ばれている
秋田の北部のさらに一部で食べられている蕎麦。

子どもの頃から食べているので
蕎麦といえば
ぶっとい石川蕎麦でしたよ。

森岳温泉に入りに行く前に
三種町のじゅんさいの館によって
お蕎麦を食べてきました。

蕎麦
地元のお母さん達がやっているじゅんさいの館。
農作物を販売しているのですが
隅っこに小さな食堂があります。

そこで、じゅんさい蕎麦をいただきました。

500円。
蕎麦

ぷるぷるじゅんさいが乗っかっています。

蕎麦
麺はこういうボソボソの麺。
なんとも野趣あふれる麺です。
が、ここは機械で打った麺なのが残念。
やはりこの蕎麦は手打ちじゃなきゃ。

ここは
何の変哲も無い
しおにぎりも評判らしいです。

じゅんさいの館そば(蕎麦) / 森岳駅鹿渡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




子どもの頃、
父親の実家で食べた蕎麦が本当に美味しかったのよ。
あの味はもう食べる事ができないんだねぇ~(--;

出汁は煮干とはつ茸。

それが最高だったのよ。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://satochinblog.jp/tb.php/4096-6f2fdfd4
該当の記事は見つかりませんでした。