さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪ ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
神社・仏閣・パワースポット

招き猫発祥のお寺『豪徳寺』は招き猫いっぱいのお寺でした。

豪徳寺
ずっと行ってみたかった招き猫発祥のお寺『豪徳寺』に、ふらりと出かけてきました♪

豪徳寺
小田急線に豪徳寺駅がありますが、ここからは徒歩15分ほど。
実は世田谷線の宮の坂駅が一番近く、徒歩3分ほどで豪徳寺まで行けます。

豪徳寺
三軒茶屋からレトロな路面電車で宮の坂まで。

豪徳寺
お子ちゃまなので一番前でずっと眺めていました。
料金は一律140円。
660円の東急1日フリーパスも使用できるので、フリーパスを買ってちょっと時間があったら寄ってみるといいかも。

宮の坂は以前お仕事でよく利用した駅です。その時は「豪徳寺」のことを知りませんでした。しかも用事があったのは「豪徳寺」と反対方向だったし。
10年以上ぶりに降りた駅です。

神社・仏閣・パワースポット

全国唯一の方位除・八方除の守護神『寒川神社』に行ってきました。

寒川神社
先日、前鳥神社に行った際に、近くにあった寒川神社も参拝してきました。
>>就活と資格取得にご利益あり!関東ではここだけ『前鳥神社』@平塚

有名な神社ですが、来たのは初めてです。
地相・家相・方位・日柄・厄年などが原因の禍事・災難を取り除き、家業繁栄・福徳円満な日々をもたらすと言われている八方除。寒川神社は日本で唯一の方位除・八方除の守護神として信仰されています。

P1640333.jpg

寒川神社
とにかく「広い!」という感想。
なんだろう?ものすごく広さを感じる空間。

寒川神社

神社・仏閣・パワースポット

就活と資格取得にご利益あり!関東ではここだけ『前鳥神社』@平塚

前鳥神社
友達と一緒に平塚にある前鳥神社に行ってきました。
御祭神は菟道稚郎子命(うぢのわきいらつこのみこと)、大山咋命(おおやまくいのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)。
菟道稚郎子命は第15代応神天皇皇子のことで、第16代仁徳天皇の異母弟です。
菟道稚郎子命は日本で初めて論語や千字文などの漢籍学び、さらに日本にやってきた渡来人から産業技術を導入し、日本の農業・土木建築等を発展させ、多くの仕事を作り雇用を増やしました。そのことから、学問の神、就職の神として信仰されています。
菟道稚郎子を御祭神として祀ってる神社は、京都の宇治神社と前鳥神社の2社しかありません。
なぜ平塚にあるのかは謎とされています。
皇位を兄に譲るため自害したとされている菟道稚郎子が、実は生きていてひそかに関東まで逃れてきたとも言われており、そのため平塚に前鳥神社があるのだとか…。どちらにしろ神奈川在住の人には嬉しいかぎりです。

しかも前鳥(さきとり)神社という名前がいいじゃないですか!!
内定を先取り(さきとり)ですよ!!

前鳥神社
車の場合は厚木ICから15分ほど。
電車の場合は本厚木駅か平塚駅からバスにのり「前鳥神社前」バス停で下車、徒歩3分です。

こちらの就活守は、いただいた方の7割がお礼参りに来るそうで、それだけご利益がありってことなんですよね。
前鳥神社
就活セット、入学試験・国家試験にパスする合格セットなどもありました。

神社・仏閣・パワースポット

就活祈願で愛宕神社出世の石段を上りました。正しい参拝方法も紹介。

愛宕神社
就活中の次男のために、愛宕神社の出世の石段を昇ってきました。

愛宕神社
全部で86段

私の前に友人が出かけ、正しい参拝方法を教えてもらいました。
愛宕神社
●昇るときは休まない。
●後ろを振り向かずに昇る。
●階段下ってはいけない。


帰りは女坂を通って帰りましょう。
愛宕神社

知りませんでした。
詳しい友人たちに感謝。

神社・仏閣・パワースポット

60年に一度の特別な年に飛不動尊で御朱印をもらってきました。

飛不動尊
2017年は60年に一度の丁酉。酉年の守護仏は不動明王なので、今年は不動尊の御利益を多く授けていただける年なのです。関東三十六不動霊場では、12年に一度の総開帳が行われています。
ということを、今年の浅草七福神めぐりで偶然お世話になったHさんに教えていただきました。

そのうちのひとつ、三ノ輪にある飛不動尊でも特別な御朱印があると聞いて、みんなで出かけようということになったのですが、なかなかみんなの予定があわなかったり、体調を崩したりで、やっと今日出かけてくることができました。
といっても、やっぱり全員は揃わなかったのですが。

飛不動尊
飛不動尊は3年前の下谷七福神めぐりで一度出かけています。
日比谷線の三ノ輪駅からは徒歩8分ほどです。

正式名称は龍光山三高寺正寶院。
本山派修験僧の正山上人が、夢でたち上る龍を見て不動明王を刻み、この地に奉安したことが始まりです。創建後まもなく、ご本尊のお不動様を笈で背負った住職が奈良の吉野にある大峯山へ修行に出かけ江戸を不在にしたとき、この地で祈願していた人々のために、一夜で大峯山から江戸に飛んで戻り、人々の願いを叶えたことから「飛不動尊」と呼ばれるようになりました。
「空を飛び来て、衆生を守りたもうお不動様」

飛ぶ=航空安全から、道中安泰、旅行安泰祈願で航空関係者なども多く参拝しています。実はJAXAの人達も参拝していて、「はやぶさ」が無事帰還できるよう祈願に訪れていた場所でもあります。

飛ぶ=落ちないことから受験生にも人気があります。

神社・仏閣・パワースポット

週末弾丸トラベラー♪0泊3日で奈良・京都の世界遺産と夏祭り  ~春日大社・平等院編~

春日大社
週末は弾丸トラベラー♪
金曜日、21時まで仕事をしたあと、新宿から夜行バスを利用したツアーに参加してきました。
『春日大社と平等院鳳凰堂&京都フリーツアー』

目次
●春日大社
●平等院鳳凰堂

●京都 
 ・下賀茂神社 みたらし祭り→京都編へ
 ・伏見稲荷 宵宮祭り→京都編へ
 ・雄琴温泉 あがりゃんせ→京都編へ

 
集合は新宿西口都庁大型バス駐車場に22時半。

春日大社
今回はTVや雑誌にも多数出演している、スピリチュアル添乗員 五斗 美湖さんが一緒でした。
秩父三社めぐりでもお会いしているので2度目です(^^)
覚えていてくださって嬉しい♪

22時45分、定刻通りに新宿を出発。(今回は大宮から参加のお客さんもいました)
途中、足柄SA、浜松SA、御在所SA、高速を降りてからは、道の駅針テラスで休憩をとりました。
春日大社
こちらで洗顔をしたり、お化粧を直したり…。

春日大社
今回は北関東観光さんのバス。
運転手さん2名が交代しながら安全運転で、6時15分、春日大社一の鳥居に到着しました。

春日大社 ~Kasugataisha Shrine~

春日大社
春日大社は、奈良時代に平城京の守護と民の繁栄を願うために創設され、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀っています。御祭神は武甕槌命(タケミカヅチノミコト)、経津主命(ふつぬしのかみ)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)の4柱。多くの灯篭が奉納されており、室町時代以前の灯篭も多く現存しています。また、朱色の拝殿は奈良公園の中でもひときわ目立ち、新緑の時期には緑、秋には紅葉の赤、冬は雪景色の白、季節によって様々な美しい姿を眺めることができます。
1998年には「古都奈良の文化財」として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
2015年・2016年と春日大社第六十次式年造替が行われています。式年造替とは、20年に一度執り行われる社殿の修築大事業のことで、お住まいを改めることによって若々しい力強い御神威のご発揚を願います。


早い話が、新しい家に移り住んで心身(?)ともにリフレッシュしたからパワーも強力になっているよってことじゃないかと。<バチ当たりな発言?(^^;
式年造替が目的にツアーに参加されている方も多くいらっしゃいました。

春日大社
鹿島神宮から武甕槌命をお迎えしたとき、白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使として崇めています。
奈良公園には、たくさんの鹿がいて、とても人懐っこかったです。

神社・仏閣・パワースポット

日本最古の神社 大神神社と三輪山登拝ツアーに参加してきました。 その2

大神神社
四季の旅さんのバスツアーを利用して参加した、大神神社と三輪山登拝ツアー続きです。
>>日本最古の神社 大神神社と三輪山登拝ツアーに参加してきました。 その1

目次
●夜行バスで出発→その1へ
●綱越神社→その1へ
●大神神社→その1へ

●元伊勢 檜原神社
●三輪山登拝
●三輪グルメ


元伊勢 檜原神社

大神神社
三輪山への入口は挟井神社にあり、9時から登拝ができます。今回、四季の旅さんがお願いして、特別に8時半から登拝できるようになっていました。ツアーはここから自由行動。午後1時にバスに集合となります。
まだ8時前だったので添乗員さんの案内で希望者は檜原(ひばら)神社に向かいました。

大神神社
挟井神社から檜原神社までは、歩いて片道30分ほどです。
ただし、その道は 「山の辺の道」と呼ばれる史実に残る日本最古の道です。
何千年という時を超えて、同じ道を歩いていると思うと、とても不思議な気分になりました。
檜原神社までは一本道なのですが、途中1か所だけわかりづらい別れ道があります。

大神神社
この道を右に進むと檜原神社に向かいます。添乗員さんはかつて左の道を行き、たどり着けなかったことがあったそうです。

神社・仏閣・パワースポット

日本最古の神社 大神神社と三輪山登拝ツアーに参加してきました。 その1

大神神社
奈良県桜井市にある大神(おおみわ)神社は日本最古の神社のひとつとされ、大和の国の一の宮でもあります。御祭神は大物主大神 (おおものぬしのおおかみ)。本殿はなく三輪山をご神体として拝するという、原初の神祀りの様子を現在に伝えています。古来、三輪山は禁足地として足を踏み入れることは出来ませんでしたが、熱心な信者からの要望を受け、現在は特別に入山が許可されています。大物主大神は農業・工業・商業・酒造業を始めとする全ての産業、方角の災いを除く方除(ほうよけ)、治病、交通、航海、縁結びなど、全ての人間生活の幸福を増し勧めることを計られたありがたい神様で、江原啓之氏が日本で5本の指に入るパワースポットとして紹介したことで、最近特に注目されています。
今回、
四季の旅さんのバスツアーを利用して、大神神社と三輪山登拝ツアーに参加してきました。

目次
●夜行バスで出発
●綱越神社
●大神神社

●元伊勢 檜原神社→その2へ
●三輪山登拝→その2へ
●三輪グルメ→その2へ


夜行バスで出発

大神神社
新宿駅西口 都庁大型バス駐車場を23時に出発。
この日は私は21時まで仕事だったので、そのまま集合場所へ。
近くで天ぷらそばとビールを飲み、コンビニでペットボトルのお茶を買ってから乗車しました。
23時に出発して、23時半には消灯。
途中、足柄SA、岡崎SA、御在所SA、天理市のファミリーマートで休憩を取りました。
大神神社
私は岡崎SAで買っておいた大内山牛乳と、鶏ちゃん焼きおにぎりで朝ごはん。
ファミリーマートでは生卵1パックを購入しました。理由はのちほど(^^)

大神神社
朝6時半には大神神社の大鳥居に到着しました。
高さ32メートル。こちらが一の鳥居だと思っていましたが違うようです。
こちらの鳥居の下に駐車場があるので、ここからは徒歩で向かいます。


綱越神社(おんばらさん)

大神神社
駐車場から大神神社に向かう前に、途中にあった綱越神社、通称おんばら社へ添乗員さんが案内してくださいました。

神社・仏閣・パワースポット

隈研吾氏デザインのスタイリッシュな神社@神楽坂 赤城神社

赤城神社
お友達が仕事で出かけていてFacebookにアップしたいたのを見て、ずっと行きたいと思っていた赤城神社。
神楽坂駅から徒歩1分ほど。

赤城神社
1番出口の階段を上り、左に進んで、最初の曲がり角を左に曲がると正面に大きな赤い鳥居が見えてきます。

赤城神社
御祭神は岩筒雄命(いわつつおのみこと)と、相殿として赤城姫命(あかぎひめのみこと)。
創建は鎌倉時代の正安2年(1300年)。由緒ある神社なのですが、震災や火災によって何度か焼失しています。

神社・仏閣・パワースポット

東京のお伊勢様『東京大神宮』

東京大神宮
何度か神社・仏閣ツアーに参加して、参加者の皆さんと楽しくお話させていただいてるのですが、みなさんから一様に聞かれるのが

「東京大神宮行ってないんですか?」

って、こと。
恥ずかしながら知りませんでした(^^;

東京大神宮
とっても気になっていたので、先日ひとりでフラリと出かけてきました。
ご祭神は伊勢神宮と同じ天照皇大神・豊受大神。
天之御中主神、高御産巣日神、神御産巣日神、倭比売命も祀られています。

東京大神宮
飯田橋の駅から徒歩5分。
東西線の階段を昇ると、こんな碑が立っていました。

東京大神宮
飯田橋の駅前はビルだらけで、こんなところに?と歩きながら少し不安になります。

でも、ビルとビルの間に東京大神宮はありました。

東京大神宮

このカテゴリーに該当する記事はありません。