さとちんのPlatinum Days

おいしいものが好き♪旅が好き♪カメラが好き♪猫が好き♪海鮮丼マニアさとちんのブログです。 ≪旧(暫定)DUSTBOX≫
MENU
福島県

農村と都内の企業を結ぶ『農都交流プログラム』に参加して福島県塙町に行ってきました。 

塙

1泊2日で福島県塙町に行ってきました。

首都圏の企業や大学が、農山漁村地域で研修を行うことで、それぞれお互いの地域の魅力を分かち合い、双方が抱える様々な課題を解決していく、都市と農山漁村の新しい交流スタイル『農都交流プログラム』。
福島県では特に首都圏の企業との継続的な交流や連携を深める『農都交流プログラムふくしま』を行っていて、今回はライターとしてお世話になっている株式会社プレスマン様にお声をかけていただき、一緒に参加させていただきました。


塙町は福島県のほぼ最南端(最南端は矢祭町)。
塙
オレンジの部分は塙町です。

茨城県と隣接している地域もあり、Facebookでチェックインしようとすると茨城県の名所がずらずらと出てきちゃうような場所です。JR東日本の駅は水群線の磐城塙駅。都内からは新幹線を利用して3時間半ほど。主要な産業は農業でこんにゃくとダリアが特産品です。

なすの255号で新白河へ

塙
9時16分東京駅発のなすの255号で10時41分には新白河に到着。
なすの255号は郡山が終点の福島新幹線でした。車内販売がないので、飲み物や食べ物を買ってから乗車しましょう。ヘッドレストの位置を変えることができ、コンセントもあって、ゆったりくつろげる新幹線でした。
普段、こだまやバスといったリーズナブルな移動手段ばかり選んでいるので、快適さにビックリ(笑)

塙

新白川駅からはバスに乗り換えて、1時間ほどで塙町に到着です。
塙

岩手県 青の国ふだい

海、空、山、星、そして人。魅力いっぱい『青の国ふだい』  その2

普代

海、空、山、星、そして人。魅力いっぱい『青の国ふだい』  その1 からの続きです。

みちのく潮風トレイル

普代
普代水門を見学したあとは、山グループと海グループ、2つのグループに分かれました。
私たちは海グループ。
まずは、みちのく潮風トレイルを散策しました。
みちのく潮風トレイルは青森県八戸市から福島県相馬市の約700kmをつなぐロングトレイルです。
中でも岩手県の野田村から普代村までの26.31kmの区間はオススメのコースとしてホームページでも紹介されています。
>>http://tohoku.env.go.jp/mct/modelcourse/course_03.html
すべてを歩くのは無理なので、黒崎漁港からネダリ浜までの道を往復しました。

普代
海沿いの道を歩いて行きます。
このエリアは三陸ジオパークに認定されています。
ジオパーク好きにはたまりません。

岩手県 青の国ふだい

海、空、山、星、そして人。魅力いっぱい『青の国ふだい』  その1

普代
あっという間に1週間が過ぎてしまいました。
2月25日・26日と1泊2日で次男と一緒に『青の国ふだい観光交流促進のためのモニターツアー』に参加してきました。

岩手県普代村
ただしくは岩手県下閉伊郡普代村。太平洋に面した岩手県沿岸北部に位置する、人口は2900人弱の小さな村です。海岸部は比高100mを越える断崖絶壁がほとんどで砂浜はほとんどありません。青い空と蒼い海、そして碧い山、さまざまなあおに囲まれた美しい村です。そして、311の震災でひとりも村内死者を出さなかった奇跡の村でもあります。


はやぶさ3号でいざ普代村へ

普代
東京駅7:36発のはやぶさ3号で、岩手に向かいます。
前方車両は青森新幹線はやぶさ、後方車両は秋田新幹線こまち。
盛岡で切り離しです。
足元広々、コンセントもあって、ゆったり寛げます。

東京駅で買ってきたお弁当で朝ごはん。
普代

普代

普代
10:20には二戸駅に到着し、そこからはバスで移動です。

岩手県 青の国ふだい

コンビニおでんは裸足で逃げ出すストーブおでん!『深渡商店』@岩手県普代

普代
ストーブの上で大きな鍋でコトコト煮込まれたおでん。

これがまずいわけないっしょ!!<二重否定でおいしさ強調

普代
普代駅は駅舎の中にアンテナショップや飲食店も併設している村のショッピングモール(笑)

普代
深渡商店はなんでも揃う普代のコンビニエンスストア。

岩手県 青の国ふだい

岩手県普代村から帰ってきました。

青の国ふだい


1泊2日の『青の国ふだい観光交流促進のためのモニターツアー』から帰ってきました。

青の国ふだい
2日目の朝は大浴場で昇る朝日を見ながら始まりました(^^)

青の国ふだい
朝ご飯を食べたら

宿泊先のまわりをちょっと散歩。
青の国ふだい

岩手県 青の国ふだい

岩手県普代村に来ています。

青の国ふだい
『青の国ふだい観光交流促進のためのモニターツアー』に参加するため、岩手県普代村に次男とふたり来ています。
現地で更新する気満々でパソコンを持ってきたのですがマウスを忘れました(^^;
というわけで写真で雰囲気だけまずは紹介。

一番最初の写真は普代村沢漁港で「あまちゃん」の夏ばっば体験。
地元の漁師さんと一緒に三陸鉄道の乗客に向かって大漁旗を振りました。

青の国ふだい
311の震災で普代村は村内死者0でした。
村を守った水門。
この水門を閉めるために、3名の消防団と2名の消防署員の決死の作業がありました。
水門の高さの理由、生死をわけた津波の瞬間など、TVでは放送されていないお話を伺うことができました。

福島県

築100年以上の蔵でいただく発酵ランチ♪『蔵カフェ 千の花』@福島県二本松

千の花
築100年以上の蔵をリノベーションし、同じ敷地内にある国田屋醸造の手作り味噌、醤油を使った地産地消の郷土料理がいただけるお店。

『蔵カフェ 千の花』

千の花

「ふくしま ごちそう発見!ツアー」2日目の昼食です。

地元の食材を使った9品ほどのお料理と二本松の伝統料理「ざくざく」、おにぎり3個、コーヒーがついた「おにぎりセット」(1,500円)をいただきました。
ランチタイムはミニデザート付き。

千の花
鶏の手羽元の酢煮自家製ピクルス
秋刀魚の煮物
いか人参
三五八漬け
南瓜とカリフラワー
三点盛り 刺身こんにゃく・昆布煮・ナムル
大根炒り

おにぎりは、柚味噌、大葉味噌、生姜味噌。

福島県

目利きの漁師が選んだンまい刺身が食べられます『さざ波』@福島県松浦

さざ波

福島県相馬市にある松川浦。
日本百景のひとつに選ばれていて、県立自然公園にも認定されています。
「ふくしま ごちそう発見!ツアー」1日目の朝食はこちらにある「手づくりの湯 栄荘」の中にある食事処「さざ波」さんでいただきました。

さざ波
ちょっと高台にあって、松川浦を見下ろすことができます。

さざ波
露天風呂からの景色は絶景でしょうね~。

福島県

"農林水産Show!メンバーと行く!”  福島県モニターツアー! 2日目

裏磐梯ライジングサンホテル
"農林水産Show!メンバーと行く!”  福島県モニターツアー! 1日目の記事はこちら⇒☆

農林水産SHOW!
ホテルの朝ご飯は7時半から。
ちょっぴりゆっくりな朝のスタートです。
私は6時から朝風呂入ってましたけどね(^^;;

この日は会津の町をガイドの方と一緒に歩いて観光しました。
最初は末廣酒造 嘉永蔵。
訪ねて楽しい日本酒の蔵元ランキングで日本一になった酒蔵です。
会津

会津

福島県

"農林水産Show!メンバーと行く!”  福島県モニターツアー! 1日目

会津
既に1か月前のことになってしまいますが、旦那と二人
"農林水産Show!メンバーと行く!”  福島県モニターツアー!に参加してきました。

会津
農林水産Show!はトゥインクルコーポレーション所属のお笑いコンビ「エレキコミック」今立 進さんを中心に行われている日本の第一次産業再認識プロジェクトで、トークライブやモニターツアーを行っています。

今回は福島へのモニターツアーを行うというので参加させていただきました。

他にもYes manの越田裕さん、カオボイントのおくまんさんといった芸人さんも参加です。
写真は途中のSAで撮らせていただいたのですが、Yes manの越田裕さんは残念ながらこの場にいなかったのですが、消費者庁の方がまるで芸人のように写っています(笑)

会津
行きのバスの中では、こちらの消費者庁の方による福島の今の状況についての説明がありました。
バスの中でこういう勉強会があるのは時間の有効利用でいいですね。

1日目最初の立ち寄り先は蔵の街喜多方でラーメンの昼食でした。
会津
利用した「ひびき亭」さんはレストランだけでなく、お土産物屋さん、ラーメン工場もあって、いろいろ楽しめる場所でした。
>>ラーメンを食べて、工場見学もできちゃう「ふぶき亭」@喜多方

このカテゴリーに該当する記事はありません。